食材の選び方

安全な豆腐の選び方【離乳食にもおすすめ】

体にいい豆腐の選び方

こんにちは。保育園栄養士のkahoです。

 

今回のテーマは、豆腐の選び方です。

豆腐って、スーパーに色々あって、原材料は気になるけど、

 

何がどう違うのか、
どれを選んだらいいのか、
正直わからない・・・。

そう思ったことはありませんか?

 

 

今回は、保育園栄養士の私が、
小さい子どもにも安全な、
豆腐を選ぶときの3つのポイントと、

 

 

記事の最後でおすすめの豆腐も紹介しますので、

ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

それでは、さっそく解説していきます。

 

安全な豆腐の選び方【離乳食にもおすすめ】

豆腐を選ぶときの3つのポイント

  1. 国産大豆100%・遺伝子組み換え大豆を使っていない
  2. 消泡剤を使っていない
  3. 凝固剤が「天然にがり」

 

 

それぞれ順番に解説していきますね。

 

1)国産大豆100%

パッケージに、「国産100%」と書かれたものが良いですね。

ここでポイントなのが100%という部分です。

 

 

どうしてかというと、「国産」とだけ書かれていただけでは、全体の何パーセントが国産なのかわからないからです。

 

 

私は栄養士の学校に通っていたとき、授業で習ったんですが、

 

食品表示法では、加工食品によって

「含まれる原料や添加物の重量が50%未満であれば、原産地を表示しなくても良い」と定められているので、

 

 

「国産」と書かれていたといたとしても、

原材料となる大豆の40%近くが外国産だった、ってこともあるんですよ。

 

 

国産って書いてあったら、安心しちゃうじゃん!って思うかもですが、
しっかり「100%」と書いてあるものを選びましょう。

 

 

なぜ外国産の大豆がおすすめできないかというと、

  • 大豆が収穫されてから日本へ届くまでに、防カビ剤や防腐剤をかけられている可能性がある
  • 日本では禁止されている「遺伝子組み換え」大豆の可能性がある

こんな理由があります。

 

 

国産大豆100%の豆腐は、作り手もアピールしたいポイントなので、
目立つように大きく書いてあることが多いです。

 

 

ぜひ、国産大豆100%と書いてあるものを選んでください。

 

 

 

大豆の種類や国内の産地まで詳しく書いてある豆腐もあるので、
自然食品店などに行って、

お気に入りの豆腐を探してみるのも良いかもしれませんね。

 

 

2)消泡剤を使っていない

豆腐の例

スーパーに行って、売っている豆腐のパッケージをぜひ見てみてください。

 

豆腐の原材料欄を見ると、「消泡剤」と書いてあるものが多いんですよね。

 

 

この消泡剤って、なんでしょうか。

名前の通り、「泡を消すためのもの」です。

 

 

とはいっても、、、

豆腐と泡がなんの関係があるのかわからないですよね。

 

 

それを今から説明しますね。

 

まず、豆腐は、大豆を煮て作ります。

 

大豆を煮ているとき、大量の泡が出るんですよ。

 

 

ちなみにこの泡、大きなザルですくってもすくっても
豆乳が見えないくらい、次から次へと泡がでてきます。

 

 

この泡が残ったまま豆腐を作ると、空気に触れる面積も増えて日持ちしませんし、
食感の良い綺麗な豆腐ができません。豆腐の味も落ちてしまいます。

 

 

昔は、この泡を大きな杓子で取っていたのですが、もうほんとに大変な作業!

 

 

手間がかかる!ということで、泡を消すために、消泡剤が登場したんですね。

 

 

消泡剤の原料はなに?

じゃあ、「消泡剤」は何からできているのかというと、

 

 

「油脂系消泡剤」・「グリセリン脂肪酸エステル」・「炭酸カルシウム」・「シリコン樹脂」です。

 

 

どれも聞きなれない言葉ですが、化学的に合成されている物質です。

消泡剤は、自然界には存在しない食品添加物。

 

 

完成した豆腐には成分として残らないと言われているので、
そんなに気にする必要はないかもですが、まあ、、、入っていない方を食べたいですよね。

 

3)凝固剤が「天然にがり」

三之助豆腐

豆腐を作るためには、豆腐の原料となる豆乳を固めるための「凝固剤」が必要です。

 


どの豆腐にも、凝固剤が入っています。

 


そしてこの凝固剤は、

  • 天然にがり(海水から塩をつくるときにとりだせる)
  • 科学的に作られた凝固剤(塩化マグネシウム、硫酸カルシウム、グルコノデルタラクトン(グルトン)

 

に分かれます。

 

 

ここでポイントなのが、ただの「にがり」ではなく、「天然にがり」であること。

 

 

逆に、天然のにがりじゃなくて、ほかの添加物で豆腐を作っているときは、
「凝固剤」としか表示していないことが多いです。

 

 

天然にがりなら、

  • 塩化マグネシウム含有物(にがり)
  • 粗製海水塩化マグネシウム(にがり)
  • 天然にがり(粗製海水塩化マグネシウム・
    塩化マグネシウム含有物)

などと書かれているものが多いので、選ぶときの目安にするといいでしょう。

 

 

逆に、にがり(塩化マグネシウム)と書かれていれば、これは「天然にがり」ではないですね。

 

 

 

では最後に、保育園栄養士の私がおすすめの豆腐を紹介します。

 

おすすめの豆腐

スーパーで買えるものだと、男前豆腐、ケンちゃんとかですかね。

三之助豆腐もおすすめです。

 

おすすめの豆腐は、動画の最後の方で紹介してます。

 

 

豆腐は食卓にもよく登場しますし、値段がそこまで高いものじゃないです。
家族の健康を守るなら、こだわって選びたいですよね。

 

 

ぜひ、試してみてくださいね。

 

子供の栄養学や食事の勉強におすすめの資格・講座

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

 

  • 「子供につくる食事のことを、もっとちゃんと学びたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で子供の食に関する資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>子供の栄養学の勉強にぴったり!おすすめ資格ランキング【通信教育でとれる!】

ABOUT ME
kaho
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ