【乳幼児救急救命支援員口コミ】仕事求人と履歴書・資格試験合格率

乳幼児救急救命支援員口コミと評判!仕事求人と履歴書・資格試験合格率

当サイト「ママの気になる通信教育」に掲載している通信教育や資格講座等は、学習内容や費用、サポート体制など多面的に分析しており、人気ランキングの順で掲載しておりません。広告出稿の有無によって掲載順位や内容が変更されることはありません。
詳細は「ママの気になる通信教育」の記事作成方針をご覧ください。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座の口コミや評判、試験の難易度や合格率はどのくらい?

キャリカレの乳幼児救急救命支援員の資格講座の購入前に、実際の教材内容や口コミ・評判、勉強から受験までどんなスケジュールで進むのか、メリットとデメリットと他講座との違いまで事前に把握し、損をしないようにしたいですよね。

そこでこの記事では、キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座の良い・もしくは悪い口コミや評判と資格試験難易度、合格率、学べる内容や他講座との違いを徹底解説しました。

【結論まとめ】乳幼児救急救命支援員資格とは
  • 「大人向けの救命講習より詳しくわかりやすかった」「自分の子育てに役立つ」など良い口コミや評判がある一方で「実践で練習できないのがネック」などの声も
  • 合格基準は正答率70%以上で試験難易度は低め。不合格でも受講期間中なら何度でもチャレンジできる
  • 試験は別途5,600円で申し込みが必要。会場に行く必要はなく、自宅で資格取得できる
  • 乳幼児救急救命支援員資格は約3ヶ月で取得可能

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座の受講を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格取得講座
引用:キャリカレ公式「乳幼児救急救命支援員講座」
読みたいところから読める「目次」

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座とは?ざっくり解説

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格取得講座
引用:キャリカレ公式「乳幼児救急救命支援員講座」

キャリカレ乳幼児救急救命支援員の資格講座では、0〜6歳の乳幼児の安全を守る知識が身につきます。

事故の予防や病気、けがへの対応方法、CPR(心肺蘇生)やAED(自動体外式除細動)など、子どもの命を守る基礎知識と実践方法を学ぶことができます。

子育て中のもしもの場面での応急処置や対応方法を学んで子どもを危険から守りたい方や保育関連の仕事をしている方にとってもスキルアップにつながる内容です。

講座名乳幼児救急救命支援員
認定団体一般財団法人 日本能力開発推進協会
販売キャリカレ
費用52,900円42,900円
(ネット申込で1万円割引)
標準学習期間3ヶ月
サポート期限700日(約1年10ヶ月)
キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座で学んだことで、実際の子育てに役立ったと口コミで評判です。

キャリカレ乳幼児救急救命支援員資格講座の口コミや評判まとめ

お客様の声・口コミや評判

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座は良い口コミもある一方で、「テキストで知識を学べるが実践練習ができない」などと悪い口コミや評判もあります。受講前にデメリットも含めて受講生の口コミをチェックしておきましょう。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
褒めのタイミングや言葉、伝え方など大切なポイントがわかった
実際の子育てに役立つ
資格取得で合格認定証がもらえる
好きな時間に自分のペースで勉強を進められる
テキストで知識を学べるが実践練習ができない

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座の悪い口コミや評判

悪い口コミや評判:テキストで知識を学べるが実践練習ができない

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座は、テキストがわかりやすく応急処置の方法を学べると評判ですが、通信教育のため実践練習ができないという口コミも。

一方で、「知識を持っておくだけでも心強い」とメリットにとらえている口コミもあります。
キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格取得講座の口コミ
引用:Instagram

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座で実践練習はできない?

実際にプロ講師から直接教わることはできませんが、教材にはテキスト以外にも応急処置や緊急時の対応のしかたがわかる映像講義があります。
DVDだけでなくパソコンやスマホからも見ることができるのもポイントです。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座の良い口コミや評判

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座では「テキストで知識を学べるが実践練習ができない」など悪い口コミもありましたが、SNS上で「実際の子育ての場面で役立つ」「好きな時間に自分のペースで勉強を進められる」と良い口コミや評判も見られます。

以下で、その一部を紹介します。

良い口コミや評判1:実際の子育ての場面で役立つ

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座の口コミや評判で「子育てしてて役立つことばかりで勉強になる」など子育てに役立ったという声です。

久しぶりの勉強で不安…どうやって進めたらいい?

キャリカレの教材に、学習スケジュールの日付を書き込めるページがあるのでそこで見通しや計画を立てるのがおすすめです。学習ガイドブックに書いてある勉強の進め方を参考にしたり、教材に付属のキャリカレノートに書き込みながら覚えるスタイルも良いでしょう。

資格試験までに3回分の添削課題があるので、理解度チェックに活用してみてください!

良い口コミや評判2:好きな時間に自分のペースで勉強を進められる

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座は通信教育のため、決められた場所・時間にスクールに通う必要はありません。

自分の好きなペースで勉強を進められるのが便利!「当初よりゆっくりペースで」など自分で配分を決めて勉強しているという口コミや評判も見られました。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座は、仕事や育児や家事と両立できる?

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格取得講座は、仕事や育児、家事とも両立しながら無理なく進められるカリキュラムになっています。

学習期間のめやすは3ヶ月ですが、700日間は添削指導や質問回答のサービスを受けられるので、ぞんぶんに活用してみてください!

自宅にいながら資格試験を受けられるのもポイントです。

良い口コミや評判3:資格取得でカードの資格認定証がついてくる

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座は、合格すると無料で認定証やカード型の認定証がもらえます。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座以外で、キャリカレのほかの講座でも「合格認定証が豪華」と口コミで良い評判です。

キャリカレの認定証は他社に比べて見栄えがするのが特徴!私もキャリカレの講座で認定証を最初に手にしたときはかなりテンションが上がりました。部屋に飾ったり、自分のお店や相談スペースを持っている方は店舗に飾るのも良いでしょう。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座の認定証は、お金がかかる?

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座に限らず、キャリカレの資格講座の認定証は無料でもらえます。

ただし、講座を終えればもらえるわけではなく資格試験に合格する必要があり、合格後1ヶ月ほどの期間で届くため余裕を見ておきましょう。

合格認定証は、豪華な入れものに入って届くと口コミで良い評判です。

良い口コミや評判4:消防署の救急救命講習で内容がスルスル入ってきた

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座で学ぶことで、消防署の救急救命講習で内容がスルスル入ってきたと口コミで良い評判です。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座で学んだ内容はどう生かせる?

家庭や保育現場で起こる乳幼児の事故を未然に防ぐことができます。0〜6歳までの子どもが対象で、事故予防・応急手当・一次救急処置の内容を網羅したテキストで学べるのが特徴です。

講座で学んでおくことで、突然の事故や病気にも慌てずに対応できるようになります。

キャリカレ乳幼児救急救命支援員の教材内容・テキストの口コミ評判

  • テキスト3冊
  • 添削問題1冊
  • 心肺蘇生実践練習キット
  • 『子どもと一緒に学ぶ』事故予防クイズブック
  • 防災安全ブック
  • キャリカレノート1冊
  • 映像講義
  • 添削関連書類一式
  • 学習ガイドブック

受講の流れはこちらです。

STEP
乳幼児救急救命支援員講座を申込・教材到着

ホームページから申込むと、講座の混雑状況にもよりますが、教材が約1週間後に届きます。

STEP
救急救命の基礎知識を学習

まずは1冊目のテキストでは、どんな場面で事故が発生するか学習。

乳幼児を取り囲む日常の危険を学び、子どもと接するときの基本の心がまえや、発達段階に合わせた子どもの危険について学びます。

学べる内容の例

  • 子どもの事故の多くは防げるもの
  • 危険に基づく視点、安全意識を高めるには
  • 子どもの事故や怪我の種類と危険なシーン
  • 乳幼児の発達とよくある事故やケガの変化
  • 家の中に潜む危険と予防策
  • 虐待や、子どもを狙う犯罪の知識
STEP
事故予防策と応急手当のスキル
資格試験勉強をする女性

2ヶ月目では、医療機関へ引き継ぐまでに適切な手当の行い方を学びます。

学べる内容の例

  • 適切な応急手当のために知っておきたい基本
  • 備えておく救急用品リストと救急用品の使い方
  • けがや事故の応急手当
  • 誤飲・誤えんの応急手当
  • 水回りの事故、虫や動物のトラブルの応急手当
  • やけどや熱中症の応急手当
  • 感染症や子どもに多い症状など体の異変の応急手当
STEP
映像講義やキットを使った実践方法
子育て

3ヶ月目では、命をつなぐための子どもの救急救命を学習。テキスト以外にも映像講義を合わせて使い実践力を身につけます。複雑なスキルは、心肺蘇生実践練習キットを使い学びます。

学べる内容の例

  • 子どもの命を救う連携「4つの」輪
  • 乳幼児に多い心肺停止と、救命の心得
  • 一次救急処置の基本手順
  • 観察や判断、通報のしかた
  • 一次救命処置の疑問と事故後の子どものケア
  • 乳幼児の救急に役立つ情報源

添削課題は3回分あり、郵送でも提出できますがおすすめは講座により切手代を節約できるWeb提出。問題を解くと、混雑状況にもよりますが翌日あたりには結果がわかるので、間違えたところが記憶に残りやすいのがメリットです。

STEP
乳幼児救急救命支援員資格試験を受験
資格試験勉強をする女性

添削課題の3回分が終わったら、次は乳幼児救急救命支援員資格試験です。

合格基準の正答率も70%と低めに設定されていて難易度はそこまで高くありません。テキストを見ながら受験することもできます。

テスト前には添削課題やWebテストの間違えたところを重点的に確認し、テキストを総復習してから臨みます。

なお、試験はWeb提出できず郵送のみの対応となるので注意しましょう。

STEP
合否結果が届く
資格試験に合格して喜ぶ女性

答案用紙を郵送すると、1ヶ月をめやすに合否結果が届きます。不合格の場合でも、受講期間内なら無料で何度でも再受験ができ安心です。

なお、再受験料金で5,600円が毎回かかるので、なるべく一発合格を目指して取り組みましょう。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座は、通信講座なので申し込みから受験・資格取得までオンラインで完結。

スクールに通うために外出する手間もなく、在宅で全部できるので便利と口コミでも良い評判です。

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座教材テキストの口コミや評判まとめ

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
大人向けの救命講習よりも内容が充実
普段の生活の中で、身につけたスキルを活用できる
ノートでまとめるので知識が定着しやすかった
教材が見やすく分かりやすい
確認問題の数がもっと多いと良い
講習が無料で受けられる等の特典がついているといい
座学ではなく実践(講習)が必要な分野
引用:キャリカレ公式「乳幼児救急救命支援員講座」

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座の教材テキストに関する口コミを調査したところ、「講習が無料で受けられる等の特典がついているといい」「確認問題の数がもっと多いと良い」などの口コミが見られました。

一方で、良い口コミや評判で「普段の生活の中で、身につけたスキルを活用できる」「教材が見やすく分かりやすい」など、良い口コミも多く寄せられています。

受講を迷ったら、公式サイトの口コミ欄を事前にチェックしたり、まずは資料請求で講座内容を確認してみてください。

キャリカレ乳幼児救急救命支援員講座の資格試験難易度や合格率

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格取得講座
引用:キャリカレ公式「乳幼児救急救命支援員講座」
講座名乳幼児救急救命支援員
認定団体一般財団法人 日本能力開発推進協会
販売キャリカレ
費用52,900円42,900円
(ネット申込で1万円割引)
標準学習期間3ヶ月
サポート期限700日(約1年10ヶ月)
添削課題3回
試験会場自宅受験
合格基準正答率70%以上
合格率非公開

合格率は非公開ですが、合格基準が70%以上と比較的低めに設定されており、難易度は低めといえます。

試験は自宅ででき、監視の目もないためテキストを見ながら受験して合格している方が一人もいないとは言い切れないため、合格率は高い数値なのではないかと推測できます。

資格試験に不合格でも受講期間中なら何度でも再受験ができます。

追加費用もかからないので安心してチャレンジできますが、回数無制限で挑戦できるわけではないので、余計な切手代を払わないためにもなるべく一回での合格を目指してみてください。

キャリカレ乳幼児救急救命支援員資格講座は独学できない

資格試験勉強をする女性

キャリカレ乳幼児救急救命支援員資格講座は、講座を購入せず試験のみ受験して資格取得はできません。

通信講座独学
費用費用がかかる費用が安い
質問できるできない
添削指導ありなし
資格取得できるできない
市販のテキストで独学し資格取得はできないので注意しましょう!

キャリカレ乳幼児救急救命支援員資格講座が向いている人と向いていない人

キャリカレの乳幼児救急救命支援員講座は、こんな方におすすめ・もしくはおすすめではありません。

向いている人向いていない人
乳幼児の救急救命や応急処置の勉強が初心者で、まずは基礎知識を身につけたい
保育関連の仕事現場でに乳幼児救急救命の知識やスキルを役立てたい
プロ講師の指導を受けながら、体系立てて学びたい
市販で自分の好きな本を選んで独学したい
学ぶだけで資格取得までしなくて良い
知識のインプットではなく実践メインで学びたい
費用はなるべくかけたくない
費用をなるべく抑えたい方は、まずは市販のテキストで独学してみるのも良いと思います。

キャリカレ乳幼児救急救命支援員資格講座のメリットとデメリット

子育て

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座の口コミや評判の調査結果から、受講のメリットとデメリットを以下にまとめました。

メリットデメリット
0〜6歳の乳幼児の事故予防や応急手当、一次救命処置を学べる
保育関連の仕事でケガや病気に対応できる知識として役立つ
テキストや教材に関する内容をメールでプロ講師に質問できる
すでに知識のある人からすると真新しいことは少ない
自宅で受験できるのでテキストを見て受験ができてしまう資格試験

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座は、通信教育の講座としてテキスト・教材がまとまっており体系的に学べるのが特徴。テキストや教材で勉強する中で出てきた疑問は、メールで質問することができます。

保育士など国家資格などと比べるとインパクトに欠けるかもしれませんが、保育関連の仕事をしていたり、自分自身の子育てに役立てたい方にはじゅうぶんに役立つ内容で口コミでも「実際の子育ての場面で役立つ」などと良い評判です。

キャリカレ乳幼児救急救命支援員資格講座の口コミや評判まとめ

キャリカレの乳幼児救急救命支援員資格講座は「テキストで知識を学べるが実践練習ができない」など悪い口コミや評判もある一方で、「実際の子育ての場面で役立つ」「消防署の救急救命講習で内容がスルスル入ってきた」と知識がしっかりと身についたという良い口コミや評判も見られました。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
実際の子育ての場面で役立つ
好きな時間に自分のペースで勉強を進められる
資格取得でカードの資格認定証がついてくる
消防署の救急救命講習で内容がスルスル入ってきた
テキストで知識を学べるが実践練習ができない

いきなり申し込むのが不安な方は、まずは資料請求で学べる内容やスケジュールを確認してみてください。

参考になったらシェアしてね!
読みたいところから読める「目次」
閉じる