【幼児食インストラクターと乳幼児食指導士違い】どっちがおすすめ?

幼児食インストラクターと乳幼児食指導士の違い!どっちがおすすめ?

当サイト「ママの気になる通信教育」に掲載している通信教育や資格講座等は、学習内容や費用、サポート体制など多面的に分析しており、人気ランキングの順で掲載しておりません。広告出稿の有無によって掲載順位や内容が変更されることはありません。
詳細は「ママの気になる通信教育」の記事作成方針をご覧ください。

幼児食インストラクター資格を取りたいけど、調べたら「乳幼児食指導士」っていう似た資格があるのよね。違いは何?

そこで、今回は「幼児食インストラクター」と「乳幼児食指導士」の資格の違いを比較してまとめました。

この記事を読むとわかること

「幼児食インストラクター」と「乳幼児食指導士」の資格・講座の違い
・料金やサポート期間、教材内容などそれぞれの資格の特徴と違い
・「幼児食インストラクター」と「乳幼児食指導士」は、結局どっちがお得なの?

講座を申し込む前に違いをしっかり知って、損しないようにしたい!という方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

読みたいところから読める「目次」

幼児食インストラクターと乳幼児食指導士の違い

まずは、「幼児食インストラクター」と「乳幼児食指導士」の資格の認定団体や料金の違いを比較しました。

幼児食インストラクター乳幼児食指導士
一般財団法人
日本能力開発推進協会認定
赤堀料理学園
赤堀フードコーディネーター
スクール監修
受験資格は特になし受験資格は特になし
38,600円
28,600円
(ネット申込で1万円割引)
39,800円
通信教育
(キャリカレ)
通信教育
(東京カルチャーセンター)
学習期間の目安
3ヶ月
学習期間の目安
6ヶ月
サポート
700日
サポート
6ヶ月
マークシート
(在宅受験)
試験なし
(課題提出)
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

幼児食インストラクターとは?

キャリカレの幼児食インストラクター資格取得講座
引用:キャリカレ公式「幼児食インストラクター講座」

幼児食インストラクター講座は、キャリカレが販売している資格講座です。

項目内容
資格講座幼児食インストラクター
資格認定一般財団法人
日本能力開発推進協会
受験資格特になし
試験日程受講期間中ならいつでもOK
試験会場自宅(在宅受験)
試験科目講座内容から出題
試験方法筆記試験
受講費用28,600円
受験料5,600円
送料450円
学習期間3ヶ月
受講期限700日
合格基準正答率70%以上
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があるため、最新情報は公式サイトでご確認下さい。

キャリカレの幼児食インストラクター資格講座は、リーズナブルに受講できるのがポイント。

他社だと、資格認定証や受験、教材の送料が受講料とは別でかかり、トータルで高くついてしまうことがあります。

しかし、キャリカレの幼児食インストラクター講座は28,600円と、数ある幼児食分野の資格の中でもかなり費用が抑えられます。

「費用を抑えつつ、充実した教材で幼児食の知識を学びたい」コスパ重視の方にはおすすめの講座です。

乳幼児食指導士とは?

乳幼児食指導士養成通信講座

乳幼児食指導士講座は、株式会社日本フローラルアートが運営している講座です。

項目説明
資格講座乳幼児食指導士養成講座
監修赤堀料理学園
赤堀フードコーディネータースクール
資格認定株式会社日本フローラルアート
受験資格特になし
受講費用39,800円
認定証3,500円
学習期間6ヶ月
受講期限6ヶ月
合格基準課題を提出すること
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があるため、最新情報は公式サイトでご確認下さい。

乳幼児食指導士講座は、資格試験はありませんが、課題提出で資格取得となります。

課題提出は全部で6回と、幼児食インストラクターの2倍の回数があります。

▶︎▶︎【公式サイト】乳幼児食指導士養成講座の詳細はこちら

幼児食インストラクターと乳幼児食指導士の違い〜料金の比較〜

料金は、幼児食インストラクターの方が1万円ほどお得です。

スクロールできます
幼児食インストラクター乳幼児食指導士
受講料金
28,600円
受講料金
39,800円
追加費用
受験料5,600円
送料450円
追加費用
認定証3,500円
総額34,650円
◎1万円ほど安い
総額43,300円
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

幼児食インストラクターと乳幼児食指導士の違い:結局どっちがおすすめ?

結局、幼児食インストラクターと乳幼児食指導士はどっちがおすすめ?
「幼児食インストラクター」の方がこの点からおすすめです。
  • 認定証発行費用が必要なく、総額の費用を抑えられる
  • ほかの似たような資格講座に比べ、教材のクオリティが高い
  • サポート期間が700日と長いので、急な都合で勉強できなくなっても余裕が持てる

「いきなり受講をするのが不安…」という方は、まずは無料の資料請求で講座内容をチェックしてみてください!

参考になったらシェアしてね!
読みたいところから読める「目次」
閉じる