【アレルギー対応食アドバイザー独学不可】口コミと合格率・資格試験難易度・仕事と就職

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー口コミ評判と合格率・資格試験難易度は?仕事や就職に役立つ?

当サイト「ママの気になる通信教育」に掲載している通信教育や資格講座等は、学習内容や費用、サポート体制など多面的に分析しており、人気ランキングの順で掲載しておりません。広告出稿の有無によって掲載順位や内容が変更されることはありません。
詳細は「ママの気になる通信教育」の記事作成方針をご覧ください。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判、試験の難易度や合格率はどのくらい?

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザーの資格講座の購入前に、実際の教材内容や口コミ・評判、勉強から受験までどんなスケジュールで進むのか、メリットとデメリットと他講座との違いまで事前に把握し、損をしないようにしたいですよね。

そこでこの記事では、キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座の良い・もしくは悪い口コミや評判と資格試験難易度、合格率、学べる内容や他講座との違いを徹底解説しました。

【結論まとめ】アレルギー対応食アドバイザー資格とは
  • 「職場で役立った!掲示したレシピが好評で数ヶ月毎の連載企画に」「教材のテキストがわかりやすい」など良い口コミや評判がある一方で「すでに知っている内容だった」などの声も
  • 合格基準は正答率70%以上で試験難易度は低め。不合格でも受講期間中なら何度でもチャレンジできる
  • 試験は別途5,600円で申し込みが必要。会場に行く必要はなく、自宅で資格取得できる
  • アレルギー対応食アドバイザー資格は約3ヶ月で取得可能

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座の受講を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座
引用:キャリカレ公式「アレルギー対応食アドバイザー講座」
読みたいところから読める「目次」

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座とは?ざっくり解説

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座
引用:キャリカレ公式「アレルギー対応食アドバイザー講座」

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、アレルギーの専門医と食物アレルギーに詳しい管理栄養士の2名の先生が監修・指導。

食物アレルギーの基礎知識や除去の方法、牛乳・鶏卵・小麦を使わない献立づくりや調理法、レシピまでアレルギー対応食の知識とスキルが身に付きます。

講座名アレルギー対応食アドバイザー
認定団体一般財団法人 日本能力開発推進協会
販売キャリカレ
費用51,800円41,800円
(ネット申込で1万円割引)
標準学習期間3ヶ月
サポート期限700日(約1年10ヶ月)
キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座で学んだことで、「保育現場で役立った」「自分の子どもの食事作りに役立った」と口コミで評判です。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判まとめ

お客様の声・口コミや評判

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は良い口コミもある一方で、「アレルギーについて知るほど複雑でむずかしい」などと悪い口コミや評判もあります。受講前にデメリットも含めて受講生の口コミをチェックしておきましょう。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
職場で役立った!掲示したレシピが好評で数ヶ月毎の連載企画に
資格取得で合格認定証がもらえる
好きな時間に自分のペースで勉強を進められる
教材のテキストがわかりやすい
アレルギーについて知るほど複雑でむずかしい
勉強する時間がなかなか取れない

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座の悪い口コミや評判

悪い口コミや評判1:アレルギーについて知るほど複雑でむずかしい

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、知識を得るほどに複雑でむずかしく感じるという口コミがありました。

わからないことがあったら質問できる?

サポート期間の700日間は、テキストや教材の内容なら回数制限なく、無料で質問ができます。
好きなタイミングで講師の先生に質問ができるので、存分に活用してみてください。

質問は、プロの講師が直接答えてくれるので、マンツーマンで指導を受けているような感覚で学べます。

悪い口コミや評判2:勉強する時間がなかなか取れない

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座の標準の学習期間は3ヶ月。受講期限は700日で約1年と10ヶ月の期間がありますが、口コミや評判を見ると申し込んだものの、勉強する時間がなかなか取れない…という方もいるようです。

特に、仕事が忙しかったり家庭の都合で忙しい時期だったりすると、放置してしまうこともありますよね。

標準の学習期間が過ぎても学習が終わらなかったらどうなるの?

学習期間のめやすは3ヶ月ですが、700日(約1年10ヶ月)まで添削課題の提出や質問サービスを受けることができます。講座を中断することはできませんが、延長はできます。

延長サービスは、サポート期間終了後に、添削問題のご提出や学習内容に関する質問を、半年間延長することができる有料のサービスです。どうしても終わらない場合は、延長申請をしてみましょう。

サポート内容費用
質問延長サポート5,140円
添削延長サポート5,140円
質問/添削延長サポート10,280円

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の良い口コミや評判

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座では「勉強する時間がなかなか取れない」など悪い口コミもありましたが、SNS上で「職場で役立った!掲示したレシピが好評で数ヶ月毎の連載企画に」「教材のテキストがわかりやすい」と良い口コミや評判も見られます。

以下で、その一部を紹介します。

良い口コミや評判1:職場で役立った!掲示したレシピが好評で数ヶ月毎の連載企画に

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー実践講座では、アレルギー対応食アドバイザーの仕事やカウンセリング・相談を受けるときに役立つトレーニングやスキルシートがあり、お客様へのサービス提供の場面で役立ちます。

また、インスタグラムのプロフィール欄に資格名を書けると意気込んでいる口コミもありました。活動内容をわかりやすく伝えるためにも、資格があると便利です。

キャリカレのキャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は仕事や開業にも活かせる内容?

キャリカレでは、資格取得後のアフターフォローとしてキャリアコーディネートサポートや、活動に必要なホームページを無料で作れるなど開業支援サービスも充実しています。
700日間は開業サポートのサービスを受けられるので、ぞんぶんに活用してみてください!

専属スタッフが、希望の職場や年収を聞いて就職や転職のサポートをしてくれたり、活動の幅を広げるための団体の紹介を行ったりしてもらえるなどサポートが充実しています。

良い口コミや評判2:資格取得で合格認定証がもらえる

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、合格すると無料で認定証がもらえます。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座以外で、キャリカレのほかの講座でも「合格認定証が豪華」と口コミで良い評判です。

キャリカレの認定証は他社に比べて見栄えがするのが特徴!私もキャリカレの講座で認定証を最初に手にしたときはかなりテンションが上がりました。部屋に飾ったり、自分のお店を持っている方は店舗に飾るのも良いでしょう。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の認定証は、お金がかかる?

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座に限らず、キャリカレの資格講座の認定証は無料でもらえます。

ただし、講座を終えればもらえるわけではなく資格試験に合格する必要があり、合格後1ヶ月ほどの期間で届くため余裕を見ておきましょう。

合格認定証は、豪華な入れものに入って届くと口コミで良い評判です。

良い口コミや評判3:好きな時間に自分のペースで勉強を進められる

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は通信教育のため、決められた場所・時間にスクールに通う必要はありません。

自分の好きなペースで勉強を進められるのが便利!「子どもが勉強している隣で一緒に」「寝る前にテキストを読む」など自分で時間を決めて勉強したり、子どもが勉強している隣で一緒に学んでいるという口コミや評判も見られました。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、仕事や育児や家事と両立できる?

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座は、仕事や育児、家事とも両立しながら無理なく続けられるカリキュラムになっています。

学習期間のめやすは3ヶ月ですが、700日間は添削指導や質問回答のサービスを受けられるので、ぞんぶんに活用してみてください!

自宅にいながら資格試験を受けられるのもポイントです。

良い口コミや評判4:教材のテキストがわかりやすい

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、テキストがわかりやすいと口コミで良い評判です。

キャリカレで講座監修をつとめるのは、医学博士の清益功浩先生と管理栄養士の林典子先生の2名。アレルギー専門の小児科医と管理栄養士が指導監修しており信頼できる内容になっています。

清益功浩先生とは?

日本小児科学会認定専門医、日本アレルギー学会認定専門医・指導医の医学博士。
専門は感染や免疫、アレルギーで、多くの子どもを診察してきた現役の小児科医。アレルギーに関する著書も多く、最先端の知識を講座で教わることができます。

林典子先生とは?

国立病院機構相模原病院臨床研究センター特別研究員として、食物アレルギーの研究をする管理栄養士。
「食物アレルギーとのつきあい方と安心レシピ」など著書も多く、講座ではアレルギー対応食の献立作りや調理法まで幅広く学ぶことができます。

講座監修の先生は二人とも本を出版しているので、講座と合わせてチェックしてみてください。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザーの教材内容・テキストの口コミ評判

  • テキスト3冊
  • 添削問題1冊
  • 料理教室開業マニュアルBOOK1冊
  • キャリカレノート1冊
  • 映像講義
  • 添削関連書類一式
  • 学習ガイドブック

受講の流れはこちらです。

STEP
アレルギー対応食アドバイザー講座を申込・教材到着

ホームページから申込むと、講座の混雑状況にもよりますが、教材が約1週間後に届きます。

STEP
食物アレルギーの基礎を学ぶ
資格試験勉強をする女性

まずは1冊目のテキストでは、食物アレルギーの基礎知識を学習。

アレルギーの種類や検査方法、保育園や学校とのコミュニケーションの取り方も含めて学びます。

学べる内容の例

  • 食物アレルギーの基本と実体
  • 食物アレルギーの症状と原因食材
  • 食物アレルギーの種類と検査、対処法
  • 原因となる食物と年齢
  • 食物除去の目的
  • アレルゲン診断豊富音食物別の注意点
  • 子どもや保育園や幼稚園、学校とのコミュニケーション
  • 医師とのコミュニケーションと緊急時の対応
STEP
アレルギー対応食の基礎知識を学ぶ
資格試験勉強をする女性

2ヶ月目では、アレルギー対応食の実践方法を学習。食物別アレルギーの特徴をはじめ、代替食品や調理のポイントを学びます。アレルギーを引き起こす食品を除去した上で、栄養バランスを考えた献立が作れるようになります。

学べる内容の例

  • アレルギー対応食の基本と実践例
  • 食物別のアレルギーの特徴
  • 食品と表示
  • レシピや献立作り、調理のポイント
  • 代替食品の栄養素の目安
  • アレルギー対応食から解除に向かうための食事の進め方
STEP
アレルギー対応食の実践方法を学ぶ
離乳食

3ヶ月目では、食材の置き換えルールやアレンジの考え方、作り方、材料のポイントや調理のコツ、失敗例から考える注意すべきポイントなど、具体的なレシピをもとに学べます。

一般の食事からアレルギー対応食への変換方法、おいしく作るコツやアレンジ方法を学習。代替食品としてよく知られている米粉や豆乳などの基礎知識や扱い方が習得できるので、一般の食事と見た目も差がほとんどなく、味もおいしい対応食を作れるようになります。

学べる内容の例

  • アレルギー対応食の考え方
  • レシピ開発の流れと具体例
  • 米粉や豆乳、じゃがいも、豆腐を使ったアレルギー対応食の作り方

添削課題は3回分あり、郵送でも提出できますがおすすめは講座により切手代を節約できるWeb提出。問題を解くと、混雑状況にもよりますが翌日あたりには結果がわかるので、間違えたところが記憶に残りやすいのがメリットです。

STEP
アレルギー対応食アドバイザー資格試験を受験
資格試験勉強をする女性

添削課題の3回分が終わったら、次はアレルギー対応食アドバイザー資格試験です。

合格基準の正答率も70%と低めに設定されていて難易度はそこまで高くありません。テキストを見ながら受験することもできます。

テスト前には添削課題やWebテストの間違えたところを重点的に確認し、テキストを総復習してから臨みます。

なお、試験はWeb提出できず郵送のみの対応となるので注意しましょう。

STEP
合否結果が届く
資格試験に合格して喜ぶ女性

答案用紙を郵送すると、1ヶ月をめやすに合否結果が届きます。不合格の場合でも、受講期間内なら無料で何度でも再受験ができ安心です。

なお、再受験料金で5,600円が毎回かかるので、なるべく一発合格を目指して取り組みましょう。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座は、通信講座なので申し込みから受験・資格取得までオンラインで完結。

スクールに通うために外出する手間もなく、在宅で全部できるので便利と口コミでも良い評判です。

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座教材テキストの口コミや評判まとめ

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
教材がわかりやすい
キャリカレノートのおかげで勉強がスムーズに進んだ
再来月から保育士として働くので、よい学びとなった
何度も映像で確認できるので楽に学べた
アレルギー児が家にいるので知っていることが多い
学校や保育園での対応などがもっと具体的な内容だと良かった
レシピの種類が少ない
引用:キャリカレ公式「アレルギー対応食アドバイザー講座」

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座の教材テキストに関する口コミを調査したところ、「アレルギー対応食のレシピの種類が少ない」「すでに知っている内容が多かった」などの口コミが見られました。

一方で、良い口コミや評判で「再来月から保育士として働くので、よい学びとなった」「何度も映像で確認できるので楽に学べた」など、良い口コミも多く寄せられています。

受講を迷ったら、公式サイトの口コミ欄を事前にチェックしたり、まずは資料請求で講座内容を確認してみてください。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー講座の資格試験難易度や合格率

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格取得講座
引用:キャリカレ公式「アレルギー対応食アドバイザー講座」
講座名アレルギー対応食アドバイザー
認定団体一般財団法人 日本能力開発推進協会
販売キャリカレ
費用51,800円41,800円
(ネット申込で1万円割引)
標準学習期間3ヶ月
サポート期限700日(約1年10ヶ月)
添削課題3回
試験会場自宅受験
合格基準正答率70%以上
合格率非公開

合格率は非公開ですが、合格基準が70%以上と比較的低めに設定されており、難易度は低めといえます。

試験は自宅ででき、監視の目もないためテキストを見ながら受験して合格している方が一人もいないとは言い切れないため、合格率は高い数値なのではないかと推測できます。

資格試験に不合格でも受講期間中なら何度でも再受験ができます。

追加費用もかからないので安心してチャレンジできますが、回数無制限で挑戦できるわけではないので、余計な切手代を払わないためにもなるべく一回での合格を目指してみてください。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座は独学できる?

資格試験勉強をする女性

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、講座を購入せず試験のみ受験して資格取得はできません。

通信講座独学
費用費用がかかる費用が安い
質問できるできない
添削指導ありなし
資格取得できるできない
市販のテキストで独学し資格取得はできないので注意しましょう!

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座が向いている人と向いていない人

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー講座は、こんな方におすすめ・もしくはおすすめではありません。

向いている人向いていない人
アレルギー対応食の勉強が初心者で、基礎知識や実践方法を身につけたい
子どもに食物アレルギーの症状があり、代替食材など知識を学ぶことで食事の悩みをなくしたい
プロ講師の指導を受けながら、体系立てて学びたい
市販で自分の好きな本を選んで独学したい
学ぶだけで資格取得までしなくて良い
費用はなるべくかけたくない
費用をなるべく抑えたい方は、まずは市販のテキストで独学してみるのも良いと思います。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座のメリットとデメリット

離乳食

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判の調査結果から、受講のメリットとデメリットを以下にまとめました。

メリットデメリット
アレルギー対応の献立作成から調理法、代替食を学べ、子どもの食事の悩みが解消できる
保育や調理関連の仕事でプラスアルファの知識として役立つ
テキストや教材に関する内容をメールでプロ講師に質問できる
すでに知識のある人からすると真新しいことは少ない
自宅で受験できるのでテキストを見て受験ができてしまう資格試験食物アレルギー以外のアレルギーは学べない

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は、通信教育の講座としてテキスト・教材がまとまっており体系的に学べるのが特徴。テキストや教材で勉強する中で出てきた疑問は、メールで質問することができます。

栄養士などの国家資格に比べるとインパクトに欠けるかもしれませんが、保育関連の仕事をしていたり、お子さんの食物アレルギーで悩んでいる方にはじゅうぶんに役立つ内容で口コミでも「職場で役立った!掲示したレシピが好評で数ヶ月毎の連載企画に」と良い評判です。

キャリカレアレルギー対応食アドバイザー資格講座の口コミや評判まとめ

キャリカレのアレルギー対応食アドバイザー資格講座は「勉強する時間がなかなか取れない」など悪い口コミや評判もある一方で、「好きな時間に自分のペースで勉強を進められる」「職場で役立った」と実際の仕事でも役立ったという良い口コミや評判も見られました。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
職場で役立った!掲示したレシピが好評で数ヶ月毎の連載企画に
資格取得で合格認定証がもらえる
好きな時間に自分のペースで勉強を進められる
教材のテキストがわかりやすい
アレルギーについて知るほど複雑でむずかしい
勉強する時間がなかなか取れない

いきなり申し込むのが不安な方は、まずは資料請求で学べる内容やスケジュールを確認してみてください。

参考になったらシェアしてね!
読みたいところから読める「目次」
閉じる