食の資格

発酵食品ソムリエと発酵マイスターの資格の違いはなに?

発酵食品の納豆
ママ
ママ
ユーキャンの「発酵食品ソムリエ」の資格を取りたいと思ったんだけど、調べたら「発酵マイスター」っていう似た資格があるのよね。

何が違うのかな?

kaho
kaho
確かに、どちらも似たような資格名で、何が違うのかわかりにくいですよね。

そこで、今回は「発酵食品ソムリエ」と「発酵マイスター」の資格の違いをまとめました。

 

この記事を読むと、「発酵食品ソムリエ」と「発酵マイスター」の違いがわかって、

  • 料金やサポート期間、教材内容などそれぞれの資格の特徴
  • どちらがおトクに受講できるか

を知ることができます。

 

申し込む前に違いをしっかり知って、損しないようにしたい!という方は、ぜひ最後までチェックしてくださいね。

【違いは何?】発酵食品ソムリエと発酵マイスター

通信教育

まずは、ユーキャンの「発酵食品ソムリエ」と日本発酵文化協会の「発酵マイスター」の資格を表にまとめて比べてみました。

※表は横にスクロールできます。スマホの方は、横にすると見やすいです!

発酵食品ソムリエ 発酵マイスター
資格認定団体 NPO法人 発酵文化推進機構 日本発酵文化協会
受験資格 特になし 協会主催のベーシック講座を
受講済み(4科目各¥6,600)
受講費用(税込) ◎¥32,000 ¥176,000
受験料 受講料に含む 受講料に含む
受講方法 通信教育
(ユーキャン)
通学
(日本発酵文化協会)
受講期間 3ヶ月
(◎サポート期間6ヶ月)
4日間
(平日含む場合と、土日のみの
場合がある)
試験 マークシート
(在宅受験)
筆記
(協会指定の会場で受験)
資格の更新料 なし ¥11,000/年

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。
※発酵マイスターの講座は、コロナで一時期オンライン講座で対応していましたが、facebook公式ページでは座学の講座が復活した旨の記載がありました。詳細は公式サイトで確認をお願いします。

 

表で比べると、日本発酵文化協会の「発酵マイスター」の資格講座の方が、料金かなり高いことがわかります。

 

ママ
ママ
発酵マイスターの資格は、17万円もかかるのね!
kaho
kaho
講座料金も高いのですが、資格の更新料を毎年1万円必要です。

 

日本発酵文化協会の「発酵マイスター」の方が料金が高いのは、おそらく「発酵食品の食べ比べ」など、ワークショップつきの座学だからです。

発酵マイスターの資格講座の様子

発酵マイスターは、こんな感じで座学で学びます。

会場の費用や、発酵食品のランチ実食などが含まれたり、協会を運営・維持していく費用もかかるため、そのぶん料金が高く設定されているようです。

>>発酵マイスターの公式サイトはこちら

 

学習期間と注意点をまとめるとこんな感じです。

◆ユーキャンの「発酵食品ソムリエ」

サポート期間6ヶ月

※平均学習期間は3ヶ月。速い人で1ヶ月ほどで終わる。

◆日本発酵文化協会の「発酵マイスター」

4日間の座学とランチ実食。

※発酵マイスターの受講には、事前に4つの講座(麹・味噌・甘酒・醤油)を受けなければならない。

各講座の料金は¥6,600なので、4つ受けると総額¥26,400必要。

 

日本発酵文化協会の講座は、座学でプロから直接学べることと、発酵食品を実際に食べながら学べることが売りです。

 

通信教育では、生徒さんどうしで集まって、先生と一緒に発酵食品を食べ比べることはできないですよね。

 

ママ
ママ
発酵マイスターは20万近くするから、受講には予算の余裕が必要ね…。
kaho
kaho
そうですね。ただ、ほかの発酵に関する資格も、10万円を超えてくるものはザラにあるので、費用に内容が合っているのかを事前に確認した方がよさそうですです。

>>発酵食品の資格一覧を表で見る

 

でも、資格試験のために20万円近くも払えない人が多い…というか、ほとんどだと思います。

 

「もっと手軽に、費用を抑えて発酵食品の勉強がしたい」という方は、ユーキャンの発酵食品ソムリエがおすすめ。

kaho
kaho
3万円代の前半で資格が取れるので、かなり出費は抑えられますよ。

\ 資料請求は無料!/ユーキャンの公式サイトはこちら

 

 

次に、「発酵食品ソムリエ」と「発酵マイスター」の資格講座を、教材内容で比べてみました。

発酵食品ソムリエの教材

ユーキャンの発酵ソムリエの資格講座のテキスト
  • テキスト2冊
  • 早わかり!発酵食品図鑑100
  • 健康発酵レシピ85
  • 発酵食品手づくりDVD
  • 添削課題集
  • ガイドブック
  • お知らせと提出用紙

◆1冊目のテキスト「伝統的な和食と日本の発酵文化」

発酵食品は、日本の伝統食にとても多いです。納豆、味噌、醤油、お酢、みりん、ぬか漬けなど、あげたらいくらでも出てきます。

 

◆2冊目のテキスト「世界に広がる発酵食品と健康」

2冊目のテキストでは、日本からもっと視野を広げて、世界の発酵食品を学びます。

韓国の「キムチ」や、東南アジアの「ナンプラー」など、意外とたくさんあるんですよね。

 

◆その他の教材

メインのテキストのほかには、こんな教材もついています。

  • 早わかり!発酵食品図鑑100
  • 健康発酵レシピ85
  • 発酵食品手づくりDVD
  • 添削課題集
  • ガイドブック
  • お知らせと提出用紙

>>ユーキャン「発酵食品ソムリエ」の公式サイトはこちら

発酵マイスターの教材

発酵マイスターの資格講座のテキスト

テキストは一部のみ公開されています。当日、セミナー形式で座学で学ぶことになります。

  • 講座のテキスト
  • 発酵食品の実食

4日間のスケジュールはこんな感じです。

◆1日目

10:30~12:30 ガイダンス・発酵概論
12:30~13:30 各自昼食(オンラインの場合、ランチ実食なし。座学は実食あり)
13:30~15:30 発酵食品概論①(微生物)

◆2日目

10:30~12:30 発酵食品概論②(三大発酵・栄養素)
12:30~13:30 各自昼食(オンラインの場合、ランチ実食なし。座学は実食あり)
13:30~15:30 日本の発酵食品①(醤油・味噌)

◆3日目

10:30~12:30 日本の発酵食品②(清酒)
12:30~13:30 各自昼食(オンラインの場合、ランチ実食なし。座学は実食あり)
13:30~15:30 日本の発酵食品③(食酢・みりん・納豆)

◆4日目

10:30~12:30 日本の発酵食品④(甘酒・塩麹)
12:30~13:30 各自昼食(オンラインの場合、ランチ実食なし。座学は実食あり)
13:30~15:30 日本各地の発酵食品・研究発表

 

協会のFacebookを見たところ、コロナでしばらくはオンラインで開催していたようですが、最近また座学での講義が始まったようです。

>>日本発酵文化協会「発酵マイスター」の公式サイトはこちら

 

発酵食品ソムリエと発酵マイスター、どっちがおすすめ?

発酵食品のチーズ
ママ
ママ
結局、どっちを選んだらいいのかしら?
kaho
kaho
「発酵食品ソムリエ」の方がこの点からおすすめです。
  • 受講の費用が抑えられる
  • ほかの発酵系の資格講座に比べ、教材のクオリティが高いわりに値段が安い
  • 更新料が無料

「いきなり受講をするのが不安」って方も、申し込んで教材が届いてから8日以内なら返品ができます。

 

もちろん「返金」もできるので、(返品の送料だけは支払う必要があります)気になったら申し込んでみて、届いた教材をチェックしてみるといいですね!

 

気に入れば受講、もし想像していたものと違えば、キャンセルできるので安心して申し込めますよ。

\ 資料請求は無料!/ユーキャンの公式サイトはこちら

 

「発酵食品ソムリエ」と「発酵マイスター」で迷っている方は、ユーキャンの「発酵食品ソムリエ」を選んでおけば、まず間違いはありません。

 

ぜひ、発酵食品の資格選びの参考にしてみてくださいね。

おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ