【シニアピアカウンセラー資格試験難易度】仕事や求人・給料や口コミ

当サイト「ママの気になる通信教育」に掲載している通信教育や資格講座等は、学習内容や費用、サポート体制など多面的に分析しており、人気ランキングの順で掲載しておりません。広告出稿の有無によって掲載順位や内容が変更されることはありません。
詳細は「ママの気になる通信教育」の記事作成方針をご覧ください。

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座の口コミや評判、試験の難易度や合格率はどのくらい?

キャリカレのシニアピアカウンセラーの資格講座の購入前に、実際の教材内容や口コミ・評判、勉強から受験までどんなスケジュールで進むのか、メリットとデメリットと他講座との違いまで事前に把握し、損をしないようにしたいですよね。

そこでこの記事では、キャリカレのシニアピアカウンセラー講座の良い・もしくは悪い口コミや評判と資格試験難易度、合格率、学べる内容や他講座との違いを徹底解説しました。

【結論まとめ】シニアピアカウンセラー資格とは
  • 「傾聴ボランティアの活動に役立った」など良い口コミや評判がある一方で「資格の活かし方がわからない」という声も
  • 合格基準は正答率70%以上で試験難易度は低め。不合格でも受講期間中なら何度でもチャレンジできる
  • 試験は別途5,600円で申し込みが必要。会場に行く必要はなく、自宅で資格取得できる
  • シニアピアカウンセラー資格は約3ヶ月で取得可能

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座の受講を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格取得講座
引用:キャリカレ公式「シニアピアカウンセラー講座」
読みたいところから読める「目次」

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座とは?ざっくり解説

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格取得講座
引用:キャリカレ公式「シニアピアカウンセラー講座」

傾聴とは、耳と目と心を使って話をしっかり聴き、相手の心に寄り添うこと。キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座では、傾聴を高齢者に行うための専門的なスキルが身につきます。

コミュニケーションを通して心のケアを行い、高齢者の生活や人生の質(QOL)を向上。高齢化が進む今の時代、福祉・介護・医療の現場だけでなくさまざまな場面で活躍を目指せます。

高齢者の傾聴の勉強を始めたばかりの初心者はもちろん、介護や医療の現場で働く人やこれから目指す人、高齢者へのボランティア活動をしている方にもピッタリの内容で、初心者の方でも安心して取り組めます。

講座名シニアピアカウンセラー
認定団体一般財団法人 日本能力開発推進協会
販売キャリカレ
費用49,600円39,600円
(ネット申込で1万円割引)
標準学習期間3ヶ月
サポート期限700日(約1年10ヶ月)
キャリカレのシニアピアカウンセラー講座の教材の書き方がとてもわかりやすく、覚えやすかったと口コミでも良い評判です。

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座の口コミや評判まとめ

お客様の声・口コミや評判

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座は良い口コミもある一方で、「資格の役立て方がわからない」などと悪い口コミや評判もあります。受講前にデメリットも含めて受講生の口コミをチェックしておきましょう。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
傾聴ボランティアの活動に役立った
好きな時間に自分のペースで勉強を進められる
資格の役立て方がわからない

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座の悪い口コミや評判

悪い口コミや評判:資格の役立て方がわからない

口コミでは「活かし方がわからない」とありますが、一方で、傾聴ボランティアに活かせたという口コミや評判もあります。すでに介護関連の仕事をしている方は活用しやすいかもしれませんが、シニアピアカウンセラー資格単独で活動していくには工夫や戦略が必要でしょう。

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座は仕事や開業にも活かせる内容?

キャリカレでは、資格取得後のアフターフォローとしてキャリアコーディネートサポートや、活動に必要なホームページを無料で作れるなど開業支援サービスも充実しています。
700日間は開業サポートのサービスを受けられるので、ぞんぶんに活用してみてください!

専属スタッフが、希望の職場や年収を聞いて就職や転職のサポートをしてくれたり、活動の幅を広げるための団体の紹介を行ったりしてもらえるなどサポートが充実しています。

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座の良い口コミや評判

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座では「資格の役立て方がわからない」など悪い口コミもありましたが、SNS上で「好きな時間に自分のペースで勉強を進められる」「傾聴ボランティアの活動に役立った」と良い口コミや評判も見られます。

以下で、その一部を紹介します。

良い口コミや評判1:傾聴ボランティアの活動に役立った

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座を受講してから傾聴の訓練をし、傾聴ボランティアにつなげられたという口コミがありました。工夫しだいで資格を活動に活かすことができます。

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格はどんな場面でいかせる?

介護や医療の現場で働く人や傾聴ボランティアの活動で役立ちます。介護のサービスにも「話し相手になる」というメニューがあるくらい、これからの高齢社会に本当に必要とされているケア技術です。

傾聴スキルは一生の財産になり、高齢者とのコミュニケーションが円滑にできるようになります。

良い口コミや評判2:好きな時間に自分のペースで勉強を進められる

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座は通信教育のため、決められた場所・時間にスクールに通う必要はありません。

自分の好きなペースで勉強を進められるのが便利!「朝に勉強している」など自分で時間を決めて勉強しているという口コミや評判も見られました。

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座は、仕事や育児や家事と両立できる?

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格取得講座は、仕事や育児、家事とも両立しながら無理なく進められるカリキュラムになっています。

学習期間のめやすは3ヶ月ですが、700日間は添削指導や質問回答のサービスを受けられるので、ぞんぶんに活用してみてください!

自宅にいながら検定試験を受けられるのもポイントです。

キャリカレシニアピアカウンセラーの教材内容・テキストの口コミ評判

  • テキスト2冊(理論編・実践編)
  • 添削問題1冊
  • 相談業務実習サービスサポートBOOK 1冊
  • 映像講義
  • 添削関連書類一式
  • 学習ガイドブック

受講の流れはこちらです。

STEP
シニアピアカウンセラー講座を申込・教材到着

ホームページから資料請求や申込むと、講座の混雑状況にもよりますが、教材が約1週間後に届きます。

STEP
まずは傾聴の基礎知識を学ぶ

まずは1冊目のテキストでは、高齢者傾聴の基礎知識と「聞く」こととの違いを学習。高齢者とのコミュニケーションや関係作りの基本を、良い事例と悪い事例を通して学びます。

資格試験勉強

学べる内容の例

  • シニアピアカウンセラーの役割
  • 「聴く」と「聞く」の違い
  • 共感がもたらす効果/関係づくりによい話題
  • 日常の会話と傾聴の違い
  • 事柄と気持の違い
  • さまざまな感情
  • 「受容」「傾聴」「共感」3つの心構えの概要
  • 7つの傾聴基本技法 ほか

高齢者とのコミュニケーションで必須となる「受容・傾聴・共感」という3つのスキルを学び、シニアピアカウンセラーとして必要な基本技術・技法を体得します。

STEP
実践力の習得
資格試験勉強をする女性

2ヶ月目は実践力を磨きます。介護の現場でよくある高齢者との会話例を見ながら、適切な対応方法や効果的な声のかけ方、表示や声のトーンまで網羅的に身につけます。

学べる内容の例

  • 実践傾聴技法11事例から対応方法を習得
  • 早世したひとり娘を忘れられない高齢者事例
  • 人付き合いが苦手な高齢者事例
  • 他人との関わりを拒絶する高齢者事例

添削課題は3回分あり、郵送でも提出できますがおすすめは講座により切手代を節約できるWeb提出。問題を解くと、混雑状況にもよりますが翌日あたりには結果がわかるので、間違えたところが記憶に残りやすいのがメリットです。

STEP
シニアピアカウンセラー資格試験を受験
資格試験勉強をする女性

添削課題の3回分が終わったら、次はシニアピアカウンセラー資格試験です。

合格基準の正答率も70%と低めに設定されていて難易度はそこまで高くありません。テキストを見ながら受験することもできます。

テスト前には添削課題やWebテストの間違えたところを重点的に確認し、テキストを総復習してから臨みます。

なお、試験はWeb提出できず郵送のみの対応となるので注意しましょう。

STEP
合否結果が届く
資格試験に合格して喜ぶ女性

答案用紙を郵送すると、1ヶ月をめやすに合否結果が届きます。不合格の場合でも、受講期間内なら無料で何度でも再受験ができ安心です。

なお、再受験料金で5,600円が毎回かかるので、なるべく一発合格を目指して取り組みましょう。

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座は、通信講座なので申し込みから受験・資格取得までオンラインで完結。

スクールに通うために外出する手間もなく、在宅で全部できるので便利と口コミでも良い評判です。

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座教材テキストの口コミや評判まとめ

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
傾聴で意識するポイントが具体的に示されていることが良かった
傾聴の事例がたくさんあったのは良かった
シニアに対する傾聴の考え方、取り組みなどがよく分かった
ほかの講座にあるキャリカレノートがあると良い
もう少し深い内容が良かった
紙の記載とwebの記載と問題の表現を揃えてほしい
引用:キャリカレ公式「シニアピアカウンセラー講座」

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座の教材テキストに関する口コミを調査したところ、「もう少し深い内容が良かった」などの口コミが見られました。

一方で、良い口コミや評判で「傾聴の事例がたくさんあったのは良かった」「シニアに対する傾聴の考え方、取り組みなどがよく分かった」など良い口コミも寄せられています。

受講を迷ったら、公式サイトの口コミ欄を事前にチェックしたり、まずは資料請求で講座内容を確認してみてください。

キャリカレシニアピアカウンセラー講座の資格試験難易度や合格率

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格取得講座
引用:キャリカレ公式「シニアピアカウンセラー講座」
講座名シニアピアカウンセラー
認定団体一般財団法人 日本能力開発推進協会
販売キャリカレ
費用49,600円39,600円
(ネット申込で1万円割引)
標準学習期間3ヶ月
サポート期限700日(約1年10ヶ月)
添削課題3回
試験会場自宅受験
合格基準正答率70%以上
合格率非公開

合格率は非公開ですが、合格基準が70%以上と比較的低めに設定されており、難易度は低めといえます。

試験は自宅ででき、監視の目もないためテキストを見ながら受験して合格している方が一人もいないとは言い切れないため、合格率は高い数値なのではないかと推測できます。

資格試験に不合格でも受講期間中なら何度でも再受験ができます。

追加費用もかからないので安心してチャレンジできますが、回数無制限で挑戦できるわけではないので、余計な切手代を払わないためにもなるべく一回での合格を目指してみてください。

キャリカレシニアピアカウンセラー資格講座は独学できない

資格試験勉強をする女性

キャリカレシニアピアカウンセラー資格講座は、講座を購入せず試験のみ受験して資格取得はできません。

通信講座独学
費用費用がかかる費用が安い
質問できるできない
添削指導ありなし
資格取得できるできない
市販のテキストで独学し資格取得はできないので注意しましょう!

キャリカレシニアピアカウンセラー資格講座が向いている人と向いていない人

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座は、こんな方におすすめ・もしくはおすすめではありません。

向いている人向いていない人
高齢者傾聴に関する知識を学ぶのが初めてで、まずは基礎知識を身につけたい
資格取得で自信をつけたい!
プロ講師の指導を受けながら、体系立てて学びたい
市販で自分の好きな本を選んで独学したい
学ぶだけで資格取得までしなくて良い
費用はなるべくかけたくない
費用をなるべく抑えたい方は、まずは市販のテキストで独学してみるのも良いと思います。

キャリカレシニアピアカウンセラー資格講座のメリットとデメリット

高齢者傾聴・介護

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座の口コミや評判の調査結果から、受講のメリットとデメリットを以下にまとめました。

メリットデメリット
高齢者傾聴に必要な知識を初心者でも体系的に学べる
不安な点や疑問点を迷っていたことを体系的に学べる
テキストや教材に関する内容をメールでプロ講師に質問できる
持っている知識量によっては講座で学べる内容が浅いと感じる人も
自宅で受験できるのでテキストを見て受験ができてしまう資格試験。仕事をするのにシニアピアカウンセラー資格は必須ではない

キャリカレのシニアピアカウンセラー講座は、通信教育の講座としてテキスト・教材がまとまっており体系的に学べるのが特徴。テキストや教材で勉強する中で出てきた疑問は、メールで質問することができます。

国家資格などと比べるとインパクトに欠けるかもしれませんが、高齢者傾聴のボランティアを始めたい方や傾聴をこれから学ぶ初心者の方にはじゅうぶんに役立つ内容で、口コミでも「実際に傾聴ボランティアの活動に役立った」と良い評判です。

キャリカレシニアピアカウンセラー資格講座の口コミや評判まとめ

キャリカレのシニアピアカウンセラー資格講座は「資格取得したが活用できていない」など悪い口コミや評判もある一方で、「傾聴ボランティアの活動に役立った」「自分のペースで勉強できる」と良い口コミや評判も見られました。

マイナーな講座なので受講生のレビューは多く集まっていませんが、少しずつSNSに口コミや評判が集まっています。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
傾聴ボランティアの活動に役立った
好きな時間に自分のペースで勉強を進められる
資格の役立て方がわからない

いきなり申し込むのが不安な方は、まずは資料請求で学べる内容やスケジュールを確認してみてください。

参考になったらシェアしてね!
読みたいところから読める「目次」
閉じる