栄養素

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの違い【保育園栄養士がわかりやすく解説】

水溶性ビタミンと脂溶性ビタミンの違い

この用語のポイント

 

脂溶性ビタミンは4種類

水溶性ビタミンは9種類

 

それぞれ特徴があって

どちらも、人が生きていくためになくてはならないものです

 

 

※そもそも、「ビタミンがわからないよ」というかたは、

下の記事をまずは読んでみてください!理解が深まると思います。

 

 

簡単に書くよ

 

脂溶性ビタミンは、からだに貯まるので、サプリとかでとりすぎ注意だよ

水溶性ビタミンは、すぐに出て行くので、毎食とった方がいいよ

 

詳しく書くよ

ビタミンには、

水に溶けるビタミン(水溶性ビタミン)

水に溶けないビタミン(脂溶性ビタミン)があります。

 

 

 

 

ビタミンは全部で13種類ありますが

この13種類が、さらに2つに分かれます。

 

 

新米ママ
新米ママ
なるほど、ビタミンにも2種類あって、脂溶性ビタミン(油に溶けやすいビタミン)と、水溶性ビタミン(水に溶けやすいビタミン)があるんだね!
栄養士kaho
栄養士kaho
そうそう、脂溶性ビタミンは4種類、水溶性ビタミンは9種類あるよ。

 

じゃあ、それぞれどんなものがあるか見ていきましょう。

 

 

脂溶性ビタミン

これは4つ。

 

 

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKです。

 

(私は栄養士の学校で、「絵で行け(ADEK)!」と覚えるといいよ、と先生から教わりました)

 

脂溶性ビタミンの特徴2つ

1)脂溶性ビタミンをサプリとかでとりすぎると、よくないよ

 

 

(↑頑張って書きました…!!)

 

というのも、上の図を見てください。

 

水溶性ビタミンって、体に残らずに、

尿ですぐに出て行ってしまうんですが、

 

 

脂溶性ビタミンは、

体に貯まっていきます。

 

 

じゃあ、どんな問題が起きるのか。気になりますよね。

 

 

たとえば、

脂溶性ビタミンの「ビタミンA」をとりすぎると

 

 

頭痛がしたり、

吐き気がしたり、

妊婦さんが、妊娠したばかりの頃に取りすぎると

お腹の中の赤ちゃんに、奇形などの影響が出たりとか、

こういう問題が起きます。

 

 

 

あっ、でも普通に食べている分には、

脂溶性ビタミンをとりすぎた!なんてことはまずないので、心配無用です😆

 

 

 

しかし、サプリメントなどでとる場合は、

成分が濃縮されているので、

とりすぎに注意した方が良いですよ。

 

 

 

2)油と一緒にとると、ビタミンがたくさん吸収率されるようになります。

 

※日清オイリオのホームページの画像を参考にさせていただきました。

 

たとえば、にんじんを油で炒めて食べることで、

にんじんをそのまま食べるよりも、

にんじんのビタミンAが、より体に吸収されやすくなります。

 

 

 

新米ママ
新米ママ
へえ〜!じゃあ、にんじんはゆでたりするよりも、ドレッシングかけたり、油で炒めたりする方がいいってわけね。
栄養士kaho
栄養士kaho
そうそう、油と一緒にとると、いっぱいビタミンAがとれるってことだよ!おトク🉐\(^o^)/

 

 

じゃ、次は水溶性ビタミンです。

水溶性ビタミン

 

水溶性ビタミンは、9種類あります。

 

 

大きく分けると、

ビタミンB群とビタミンC、ですね。

 

 

 

 

からだの中で使われないと、外に出て行ってしまうため、

できれば毎食とりたい栄養素です。

 

 

 

ゆで汁や煮汁に溶け出しやすいので、

汁ごと食べると無駄なくとれますよ。

 

 

また、熱でなくなってしまいやすいので、

長い時間加熱したりすると、ちょっと損です。

 

 

 

水溶性ビタミンは、

たくさんとっても、尿で出ていってしまうため、

サプリメントなどで極端に多くとりすぎない限り、

たくさん食べて問題はありません。

 

 

一言でまとめるよ

脂溶性ビタミンの特徴

1)体に貯まるので、とりすぎに注意だよ

2)油と一緒にとると、ビタミンがたくさん吸収される

 

水溶性ビタミンの特徴

1)からだの中で使われないと、外に出て行ってしまうため、毎食とった方がいい栄養素です。

 

2)ゆで汁や煮汁に溶け出しやすいのと、熱に弱いので、料理するときには汁ごととって、あまり長時間加熱しないようにしてね。

 

子供の栄養学や食事の勉強におすすめの資格・講座

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

 

  • 「子供につくる食事のことを、もっとちゃんと学びたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で子供の食に関する資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>子供の栄養学の勉強にぴったり!おすすめ資格ランキング【通信教育でとれる!】

ABOUT ME
kaho
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ