不登校•ひきこもり支援アドバイザー資格講座の口コミは?仕事や履歴書に書ける?

不登校•ひきこもり支援アドバイザー資格講座の口コミは?仕事や履歴書に書ける?
ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座の口コミや評判、履歴書に書けるかや仕事に役立つか、試験の難易度や合格率は?

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザーの資格講座の購入前に、実際の教材内容や口コミ・評判、勉強から受験までどんなスケジュールで進むのか、メリットとデメリットと他講座との違いまで事前に把握し、損をしないようにしたいですよね。

そこでこの記事では、ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座の良い・もしくは悪い口コミや評判と資格試験難易度、合格率、学べる内容を徹底解説しました。

【結論まとめ】不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格とは
  • プロとしてカウンセリングを行うレベルには設定されていない
  • 子供の家庭での支援に役立つ内容
  • 合格基準は正答率70%以上で試験難易度は低め。不合格でも再々受験までチャレンジできる
  • 2回目の添削課題が資格試験。会場に行く必要はなく、自宅で資格取得できる
  • 不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格は約3ヶ月で取得可能

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座の受講を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

読みたいところから読める「目次」

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座とは?ざっくり解説

不登校・ひきこもり支援アドバイザーの資格講座では、小学生から高校生までの幅広い年齢の子供の不登校の支援を学ぶことができます。

不登校の子供の支援に特化した、確かな知識と支援スキルが詰まった内容で、初めて学ぶ方でも安心して取り組めます。

講座名不登校・ひきこもり支援アドバイザー
認定団体株式会社エクラ・コフレ17
「小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン」
販売ユーキャン
費用34,000円
標準学習期間3ヶ月
サポート期限6ヶ月
ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座は、家庭での子供のサポートができる資格です。

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座の口コミや評判まとめ

資格講座の口コミや評判

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座は一部のコアなファンにのみ人気なこともあるのか、まだ口コミや評判は見つかりませんでした。そのため、ユーキャン全体での口コミを掲載しています。

受講前にデメリットも含めてユーキャンの講座の受講生の口コミをチェックしておきましょう。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
習い事として楽しめる
自分の好きな時間に勉強できる
新しい知識を学ぶのが楽しい!
なかなか勉強が進まない
途中で勉強が停滞してしまった

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座の悪い口コミや評判

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座以外の、悪い口コミや評判を紹介します。

悪い口コミや評判1:なかなか勉強が進まない

ユーキャンの講座の口コミや評判を見ると、意外と時間がかかったと感じている方もいるようです。

特に、仕事が忙しかったり家庭の都合で忙しい時期だったりすると、なかなか勉強に手がつけられないこともありますよね。

標準の学習期間が過ぎても学習が終わらなかったらどうなるの?

学習期間のめやすは数ヶ月ですが、受講期限まで動画の視聴や質問サービスを受けることができます。講座を中断したり延長はできないため、見通しを立ててから申込むのがおすすめです。

口コミにもある通り、自分のペースで勉強できるのはメリットですが、受講期限を意識しつつ、時間が確保できるときに多めに進めるなどペース配分を考えながら学習を進められると良いでしょう。

悪い口コミや評判2:途中で勉強が停滞してしまった

ユーキャンで講座を買ったものの、途中で勉強が停滞してしまったという口コミや評判を見かけます。

講座を買ったら、まずは受講生ページに登録したり、テキストで学習を1ページでも進めるなど、学習を一歩でも進められるとその後がスムーズです。

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座の良い口コミや評判

ユーキャンの資格講座の悪い口コミやデメリットを紹介しましたが、SNS上で「習い事として楽しめる」「自分の好きな時間に勉強できる」と良い口コミや評判も見られます。

以下では、それらの一部を紹介します。

良い口コミや評判1:習い事として楽しめる

ユーキャンの講座全体の口コミでは、「習い事として楽しめる」という声が多い印象でした。

ユーキャンの講座の特徴は?

テキストや動画教材など教材の品質が高いのが特徴です。
むずかしい言い回しや専門用語もなく、初心者の方でもわかりやすいよう丁寧に解説。予備知識は必要ありません。

テキストはオールカラー写真で図解やイラストも多く初心者の方も学びやすい構成になっています。

良い口コミや評判2:自分の好きな時間に勉強できる

ユーキャンの資格講座は通信教育のため、決められた場所・時間にスクールに通う必要はありません。

自分の好きなペースで勉強を進められるのが便利!「昨日は勉強できなかったが、自分の勉強したいときに進められる」など自分で時間を決めて勉強しているという口コミや評判が、ユーキャン全体の口コミで見られました。

ユーキャンの資格講座は、仕事や育児や家事と両立できる?

ユーキャンの体幹&ストレッチ講座は、仕事や育児、家事とも両立しながら、スキマ時間で無理なく進められるカリキュラムになっています。

学習期間のめやすは3ヶ月ですが、その2倍の6ヶ月間はWeb上で動画を見ることができるので、ぞんぶんに活用してみてください!

自分の好きな時間に、スマホやパソコンから動画を見られるのもポイントです。

良い口コミや評判3:添削課題で自分の理解度をチェックできる

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座は、市販の書籍とは違い添削課題が試験も含め2回分あるのが特徴です。

問題を解くことがアウトプットになるので、知識がしっかりと定着します。

添削課題は郵送のみ?

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座の添削課題は、郵送でなくてもWebで提出できます。
スマホやパソコンから受講生ページにアクセスして問題を解いて提出すると、その場で結果がわかります。

郵送だと2週間〜3週間かかるので、自分がどの問題で悩んだり迷ったりしたのか記憶が飛んでいることも。

おすすめはWeb提出。スマホで手軽にできて、すぐに結果がわかるから郵送よりも記憶に残りやすいのが特徴です。

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザーの教材内容・テキストの口コミ評判

  • テキスト2冊
  • サポートBOOK
  • 事例集
  • テキスト1の重要ポイントのオンライン動画
  • 添削課題集(認定試験含む)1冊
  • 添削関連書類一式
  • お知らせと提出用紙
  • 学習ガイドブック

受講の流れはこちらです。

STEP
不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座を申込・教材到着

ホームページから資料請求や申込むと、講座の混雑状況にもよりますが、教材が約1週間後に届きます。

STEP
不登校やひきこもりの基礎知識から学習スタート

まずは1冊目のテキストで不登校やひきこもりの基礎知識を学習。

理論編では、不登校やひきこもりの子どもとの接し方のコツ、困ったとき相談する場所や学校へ再び登校する場面での注意点、進学や進路などの知識を身につけます。

資格試験勉強

学べる内容の例

  • 不登校・ひきこもりの子どもとの接し方
  • 困ったときの相談先
  • 再登校の注意点
  • 進学や進路

専門的な内容も詳しく解説されているので、初めて学ぶ方もスムーズに学習を進められます。

STEP
実践方法を学ぶ
資格試験勉強をする女性

2冊目のテキスト実践編では、具体的な支援方法を学習。

事例学習は全部で12個あり、子どもとのコミュニケーションのコツや実際に支援する場面で役立つ知識を学習できる実践的な内容です。

添削課題は1回分あり、マークシート形式。郵送でも提出できますが、おすすめは切手代を節約できるWeb提出。問題を解いてすぐに結果がわかるので、間違えたところが記憶に残りやすいのがメリットです。

STEP
不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格試験を受験

添削課題の1回分が終わったら、次は不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格試験です。

ユーキャンの思春期発達障がい支援アドバイザー資格講座のテキスト・教材

マークシート形式で記述問題はないため、丸暗記する必要はなく便利!合格基準の正答率も70%と低めに設定されていて難易度はそこまで高くありません。

テスト前には添削課題やWebテストの間違えたところを重点的に確認し、テキストを総復習してから臨みます。

なお、試験はWeb提出できず郵送のみの対応となるので注意しましょう。

STEP
合否結果が届く
ユーキャンの子ども発達障がい支援アドバイザー資格試験合格認定証

答案用紙を郵送すると、1ヶ月をめやすに合否結果が届きます。不合格の場合でも、無料であと2回再受験ができ安心です。

合格認定証は希望者のみに発行され、有料なので注意しましょう。

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座は、通信講座なので申し込みから受験・資格取得までオンラインで完結。

スクールに通うために外出する手間もなく、在宅で全部できるので便利と口コミでも良い評判です。

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座の資格試験難易度や合格率

講座名不登校・ひきこもり支援アドバイザー
認定団体株式会社エクラ・コフレ17
「小高千枝メンタルヘルスケア&マネジメントサロン」
販売ユーキャン
費用34,000円
標準学習期間3ヶ月
サポート期限6ヶ月
添削課題1回(2回目が資格試験)
試験会場自宅受験
合格基準正答率70%以上
合格率非公開

合格率は非公開ですが、合格基準が70%以上と比較的低めに設定されており、難易度は低めといえます。

試験は自宅ででき、監視の目もないためテキストを見ながら受験して合格している方が一人もいないとは言い切れないため、合格率は高い数値なのではないかと推測できます。

資格試験に不合格でも受講期間中なら3回まで再受験ができます。

追加費用もかからないので安心してチャレンジできますが、回数無制限で挑戦できるわけではないので、余計な切手代を払わないためにもなるべく一回での合格を目指してみてください。

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座は独学できない

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格試験は独学できない

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座は、講座を購入せず試験のみ受験して資格取得はできません。

通信講座独学
費用費用がかかる費用が安い
質問できるできない
添削指導ありなし
資格取得できるできない
市販のテキストで独学し資格取得はできないので注意しましょう!

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座が向いている人と向いていない人

資格講座が向いている人と向いていない人

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座は、こんな方におすすめ・もしくはおすすめではありません。

おすすめの人おすすめでない人
子育て中で、悩みや疑問を解消したい
保育や児童施設など子どもに関わる仕事をしている
子どもの成長へ理解を深め、資格取得までしたい
市販で自分の好きな本を選んで独学したい
学ぶだけで資格取得までしなくて良い
費用はなるべくかけたくない
費用をなるべく抑えたい方は、まずは市販のテキストで独学してみるのも良いと思います。

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座のメリットとデメリット

メリットとデメリット

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座の口コミや評判の調査結果から、受講のメリットとデメリットを以下にまとめました。

メリットデメリット
対象年齢が3歳前後〜小学校6年生程度までと幅広い
教育現場で不安な点や今までこれでいいの?と迷っていたことを体系的に学べる
テキストや教材に関する内容をメールで質問でき、講座監修の先生に直接答えてもらえる
基礎的な内容が多いので、独学で深く学んできた方には物足りない可能性がある
自宅で受験でき監視の目がない試験形式。国家資格などと差別化しづらい

ユーキャンの不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座は、通信教育の講座としてテキスト・教材がまとまっており体系的に学べるのが特徴。テキストや教材で勉強する中で出てきた疑問は、メールで質問することができます。

保育士など国家資格などと比べるとインパクトに欠けるかもしれませんが、不登校やひきこもりのお子さんの子育て中の方や、仕事で不登校やひきこもりの子どもと関わる機会があり、対応方法や知識を学びたい方にはじゅうぶんに役立つ内容です。

ただし、プロのカウンセラーやアドバイザーとして支援できる内容にはなっていないので、この資格を取ってすぐに何かの仕事につけるわけではないので注意しましょう。

不登校・ひきこもり支援アドバイザー講座と一緒に学ぶとおトクな講座↓↓↓

思春期発達障がい支援アドバイザー口コミ・仕事と履歴書】資格試験難易度と評判

子ども発達障がい支援アドバイザー口コミ】仕事と履歴書・資格試験難易度と評判を調べてみた

子ども発達障がい支援実務士は履歴書に書け仕事に役立つ資格•難易度や合格率は?

ユーキャン不登校・ひきこもり支援アドバイザー資格講座の口コミや評判チェック

資格講座・通信教育の口コミや評判まとめ

ユーキャンの講座は「なかなか勉強が進まない」「勉強が停滞してしまった」など悪い口コミや評判もある一方で、「習い事として楽しめる」「新しい知識を学ぶのが楽しい」と良い口コミや評判も見られました。

良い口コミ・評判悪い口コミ・評判
習い事として楽しめる
自分の好きな時間に勉強できる
新しい知識を学ぶのが楽しい!
なかなか勉強が進まない
途中で勉強が停滞してしまった

いきなり申込むのが不安な方は、まずは資料請求で学べる内容やスケジュールを確認してみてください。

▼▼今だけ!割引クーポンがもらえる▼▼

キャリカレの期間限定割引キャンペーン
参考になったらシェアしてね!

スポンサーリンク

読みたいところから読める「目次」