食の資格

【食育の資格の種類】一覧で比較!どれがいいの?おすすめは?

食育の資格講座はたくさんの種類があって、「どの資格講座がベストなのかわからない」という方も多いのではないでしょうか?

  • 初めて食育の資格を取るつもりだけど、自分に合うのはどれかわからない
  • 独学だとなかなか勉強が続かないし、勉強範囲や何から始めたらいいのかがわからない
  • おうち時間を活用して、自分磨きのために何か役立つことを勉強したい

そんなあなたへ、数ある人気の食育の資格の中で、初心者も楽しく学べる「本当に役立つ食育の資格講座」を厳選しました。

受講費用や学習期間、サポート体制や教材内容など、さまざまな観点から「初心者にも学びやすい講座」を紹介しています。

食育初心者の方向けに、資格講座選びのコツもあわせて解説していますので、あなたにとっての「ベストな資格講座」探しにぜひ活用してみてくださいね。

食育の資格の一覧・種類まとめ

食育

食育に関する資格を調べて、一覧で表にまとめました。

↓表は横にスクロールできます。

資格名受講費用(税込)受験料受講方法受講期間試験
食育
インストラクター

◆知名度No.1
¥39,900受講料に含む通信教育
(がくぶん)
3〜6ヶ月講座修了で
資格取得
食育健康
アドバイザー
¥79,800
(↑試験免除)
¥59,800
(↑試験必要)
¥10,000通信教育
(諒設計アーキテクト
ラーニング)
2〜6ヶ月筆記
(在宅受験)
管理健康栄養
インストラクター
¥79,800
(↑試験免除)
¥59,800
(↑試験必要)
¥10,000通信教育
(諒設計アーキテクト
ラーニング)
2〜6ヶ月筆記
(在宅受験)
食育
アドバイザー

◆最安値
¥28,600
¥450
(教材送料)
¥5,600通信教育
(キャリカレ)
4ヶ月
(サポート期間700日)
筆記
(在宅受験)
食育栄養
コンサルタント
¥34,100受講料に含む通信教育
(formie)
1ヶ月
(サポート期間
180日)
WEB
(在宅受験)
食育実践
プランナー
◆総合的におトク
¥39,000受講料に含む通信教育
(ユーキャン)
6ヶ月
(サポート期間
12ヶ月)
マークシート
(在宅受験)

資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

総合ランキング【食育のおすすめ資格講座】

栄養士のブログ管理人が厳選した、食育のおすすめ資格講座ランキングを紹介します!

おすすめランキング算定基準
  • 教材の充実度
  • 質問のしやすさとサポート体制の手厚さ
  • 受講費用・受験料・送料まで含めた総合的な費用感

初心者の方も学びやすい講座を厳選しています。

第3位:がくぶんの食育インストラクター講座

がくぶんの食育インストラクターの資格講座の教材

食育インストラクター講座はこんな人におすすめ

  • 食の大切さを知りたい、伝えていきたい人
  • 食品関係、健康関係のアドバイザーなど仕事に活かしたい人
  • 子どもの成長と食生活が気になる人
  • 保育所や学校で食育、給食に関わる人
  • パソコンやスマホではなく、紙のテキストでじっくりと学びたい

がくぶんの食育インストラクター養成講座は、 食育の第一人者・服部幸應先生が監修・指導する唯一の通信講座。

「安全な食材の選び方」や「食のマナー」「栄養を活かした料理法」などがわかり、在宅で食育資格が取得できます。

>>【無料】資料請求で講座内容をチェックする

>>この講座を今すぐ申し込む

資格講座名食育インストラクター講座
講座申込み先がくぶん
学習期間6ヶ月(無料で6ヶ月延長できる)
受講費用¥39,900
教材送料無料

 

食育インストラクター講座の教材

食育インストラクターの資格講座の教材
  • テキスト5冊(食育の基礎知識 / 選食力を養う / 選食力を養う~食材の知識 / 食育ではじめるエコライフ / 地球の食を考える / 世代別食育のすすめ)
  • DVD3巻
  • 食育レシピ集
  • 学習のためのガイドブック
  • 指導課題集
  • 質問用紙

 

食育インストラクター講座のメリット・デメリット

 

メリット
  1. 食育の第一人者・服部幸應先生が監修・指導する唯一の通信講座で、資格名の知名度がある
  2. 添削指導の回数が6回と多く、丁寧な指導が受けられる
  3. 資格試験がなく、講座を修了すると資格が取れる
デメリット
  1. 認定証発行手数料が別途かかる
  2. 資格試験がなく、簡単に資格が取れるため自分の理解度を確認しづらい

 

がくぶんの食育インストラクター資格講座では、「安心安全な食材の選び方」「基礎的な人格を養う食のマナー」「食べ物への感謝と世界的な視野で考えるエコロジー」を中心に心身を健康にする食生活が実践できます。

食や健康、さらには教育に関わる分野と、食育インストラクターはさまざまなシーンで活躍できます。

まずは無料の資料請求で、どんな内容が学べるのか、スケジュールや費用感をぜひチェックしてみてください。

今すぐ申込む無料で資料請求する

2位:キャリカレの食育アドバイザー資格取得講座

キャリカレの食育アドバイザー資格講座

食育アドバイザー資格講座はこんな人におすすめ

  1. サポート期間が700日と長いので、子育てや仕事など、急な都合で勉強を休むことになる可能性がある人
  2. 自分のペースで余裕をもって学びたい
  3. 食を魅力的に伝えるテクニックや具体的な活動ノウハウまで、アドバイザーに必要なスキルを総合的に身につけたい人

キャリカレの食育アドバイザー資格講座では、「食育とは?」という基礎から食育の目的、最適な栄養バランス、安全な食材の見分け方、30事例の食育活動のノウハウを学び、家庭ですぐに生かせる実践力を身につけることができます。

さらに、講座修了後は、食育のスペシャリストを証明する「食育アドバイザー資格」試験に対応。

身につけた専門知識と資格で、セミナー講師や料理教室の先生、教育・医療・食品業界で活躍するなど、仕事に生かすこともできます。

>>【無料】資料請求で講座内容をチェックする

>>割引価格で今すぐ申し込む

資格講座名食育アドバイザー資格取得講座
講座申込み先キャリカレ
学習期間3ヶ月〜23ヶ月
(サポート期間700日)
受講費用¥28,600
受験料¥5,600

 

食育アドバイザー資格講座の教材

食育アドバイザーの資格講座の教材
  • テキスト3冊
  • 楽してチンして楽しいレシピ
  • 添削課題集
  • 学習ガイドブック
  • DVD6巻
  • 質問用紙

 

食育アドバイザー資格講座のメリット・デメリット

 

メリット
  1. サポート期間が700日と長いので、急な都合で勉強を休むことになっても安心
  2. DVDが6巻あり、テキストだけではなく映像講義が多い。動画で学びたい人におすすめ
  3. 実際に行われた30の食育活動事例の活動準備、集客方法など具体的なノウハウが学べる
デメリット
  1. 受講費用とは別に、5,600円の受験料が別途かかる
  2. 試験に不合格の場合、何度でも受験ができるが、再受験料が毎回かかる

 

資格試験に合格できなかった場合は、5,600円の再受験料が都度かかって、お金がもったいないので、試験は一発合格を目指しましょう!

わかりやすいテキストと、実践力を高める映像講義できちんとスキルが身につきます。

今すぐ申込む無料で資料請求する

第1位:ユーキャンの食育実践プランナー講座

ユーキャンの食育実践プランナー資格講座

食育実践プランナー講座がおすすめな人

  1. 通信教育業界大手の信頼できる会社の教材で、安心して勉強したい人
  2. コスパよく勉強したい人
  3. 受験料や教材の送料など、受講費用以外の料金をできるだけ抑えたい

ユーキャンの食育実践プランナー資格講座は、リーズナブルに受講できるのがポイント。

他社だと、資格認定証や受験、教材の送料が受講料とは別でかかり、トータルで高くついてしまうことがあります。

しかし、ユーキャンの食育実践プランナー講座は総額で39,000円と、教材が充実している割に費用が安く、同じ食育の資格の中でもかなりコスパが良いです。

「費用を抑えつつ、充実した教材で食育の知識を学びたい」コスパ重視の方にはおすすめの講座です。

>>【無料】資料請求で講座内容をチェックする

>>この講座を今すぐ申し込む

資格講座名食育実践プランナー講座
講座申込み先ユーキャン
学習期間6ヶ月〜12ヶ月
受講費用¥39,000
受験料無料

 

食育実践プランナー講座の教材

食育スペシャリストの資格講座の教材
  • テキスト5冊
  • 食育実践レシピ集100
  • 目利き便利帳
  • 食育実践アイデアブック
  • 食育実践アイデアDVD
  • 添削課題集
  • ガイドブック
  • 添削関連書類
  • その他(質問用紙、スケジュール表など)

 

食育実践プランナー講座のメリット・デメリット

 

メリット
  1. 通信教育業界大手のユーキャンで信頼度が高い
  2. 資格試験に不合格の場合、受講期間内なら無料で何度でも受験ができる
  3. 受験料や教材の送料が無料なので、総額の費用を抑えて受講できる
デメリット
  1. 開業サポートがあるわけではないので、個人で仕事をすることを考えている人はキャリカレの講座の方が良さそう
  2. 添削課題で返ってくるコメントが手書きではなくプリントされたものなので、ややロボットに対応されている印象がある

 

食育実践プランナー講座は、添削サポートは5回で、6回目が在宅受験。

受験料の振り込みや外出の必要がなく、学習から受験までスムーズに進めることができるので、育児や仕事など忙しい方にもピッタリな資格講座です。

今すぐ申込む無料で資料請求する

食育の資格講座の選び方

資格講座を選ぶポイントは3つあります。

  1. 座学や通学よりも通信教育がおすすめ
  2. 料金が高すぎないこと
  3. 資格の更新料がかからないこと

それぞれ順番に解説します。

1.座学や通学よりも通信教育がおすすめ

通信教育

移動はお金も時間もかかるので、家にいながら学習を進められる通信教育がおすすめです。

今はコロナで外出を控えたい人も増えていて、通信教育が人気。外に出かける必要がなく、効率よく学べます。

 

kaho
kaho
私も通信教育で食の資格を取ったことがあるのですが、仕事終わりの時間など空き時間を使って、自分のペースで勉強ができました。

2.料金が高すぎないこと

お金

講座の中には、20万円〜30万円近い高額のものもあるので、内容がともなっているか、慎重に選んだほうがいいです。

新米ママ
新米ママ
ふだんの生活費もあるし、勉強費用はできる限り抑えられたほうがいいわね。
kaho
kaho
通信教育は、コスパ良く学べて費用を抑えられるのでのでおすすめです。

3.資格の更新料がかからないこと

資格の種類によっては、「毎年5,000円」など更新料が必要になるものも意外と多いです。

たとえば、「野菜ソムリエプロ」「野菜ソムリエ上級プロ」の資格は、資格の更新のために毎年6,000円ほど払わないといけません。

 

一度資格を取ったのに、更新料金を払わないと資格が失効してしまうともったいないので、「更新料がかからないかどうか」は事前にチェックしておきましょう!

 

kaho
kaho
ユーキャンやがくぶんなど大手の通信教育の資格講座は、資格の更新料がかからないのでおすすめです。

資格試験勉強は、独学と通信教育のどっちがいい?

アイディア

独学と通信教育で比べると、独学はあまりおすすめしません。

理由は、独学では、書店で本を買ってきて勉強を始めても、最後までやりきれないことが多いからです。

 

どこが大事なポイントなのか、また、どの範囲まで勉強したらいいのかがわかりにくいので、勉強を途中でやめてしまう人が多いです。

 

一方で、通信教育は、学ぶべき大事なポイントがテキストやDVDなどの教材でまとまっているので、勉強範囲がわかりやすいです。

 

kaho
kaho
また、通信教育の添削指導では、自分の理解度を確認できたり、わからないところを質問できるのも良いですね。
  • わからないところを質問できる
  • 学習スケジュールが管理しやすい
  • 勉強の範囲がわかりやすい

こういった理由で、通信教育の方がおすすめです。

食育の資格のまとめ

食育は、健康志向の流れから注目されている分野で、体にいい食事に興味のある方や、美容・健康関連の仕事についている方にはぴったりの資格です。

私自身、栄養士学校の食品の授業で食育の知識を学びましたが、ふだん料理を作るシーンなど、自分で食生活をととのえるのにとても役立っている知識だと感じています。

無料で資料請求もできる資格講座ばかりなので、ぜひ取り寄せてみてくださいね!

error: このコンテンツのコピーは禁止されています。