栄養士の仕事

【現役栄養士が語る】保育園で栄養士として働く5つのメリット

子供
  • 栄養士になり新卒で就職したものの、職場に納得がいかない
  • 栄養士の資格をせっかく取ったので、他業界から栄養士に転職したい
  • 栄養士でも定時で帰れる職場を探している

 

こんなことを思ったことはありませんか?

 

 

栄養士として働きやすい職場を探している方にはぜひ、保育園の栄養士をおすすめします。

 

 

保育園栄養士として働いている私ですが、めちゃくちゃ働きやすいんですよ。プラス、仕事以外の場で発揮されるメリットが多すぎて驚いています。

 

 

保育園栄養士になると、どんなメリットがあるのか。

実際に、保育園栄養士として働いている私がお答えします。

 

【現役栄養士が語る】保育園で栄養士として働く5つのメリット

1)毎日のランチが栄養満点

野菜

周りのOLの友人から聞きますが、毎日お弁当を作るのも面倒だし、外でちゃんとした定食を食べようと思ったら、1000円近くはしますよね。

 

ところが、保育園では毎日給食が出るから、自分でお昼ごはんを用意する必要がないんです。学校みたいなものですね。

 

 

しかも、給食費は月に8000円ほど。

 

 

5日×4週=20日とすると、8000÷20=400。つまり一食400円で、ボリュームも栄養も完璧な食事が、毎日食べられるわけです。

 

 

しかも、園児たちはおやつも食べるので、3時の手作りおやつが毎日つきます。

 

 

お昼ごはんもおやつの献立も、もちろん育ちざかりの園児の成長を考えて作られた、健康のお手本のようなメニューです。

 

 

メインとなる主食も、タンパク質も、野菜も、栄養素が偏りなく入っている、働く忙しい大人にとっても嬉しいポイントですよね。

 

 

社員食堂でも、こんなに栄養満点のランチは出てこないでしょう。

私も栄養士の学校に通っていたとき、研修で社員食堂に行きましたが、唐揚げ定食とか丼ものとかが多く、健康とは程遠い内容のメニューでした。

 

 

栄養もボリュームも満点の給食が、毎日食べられる。これは、保育園栄養士として働く大きなメリットです。

2)子どもがかわいい

子供

働いていて思うんですが、本当に子どもに癒されます。癒されまくりです。

 

 

保育士さんの場合、子どもの面倒な部分や大変な側面もたくさん見ないといけません。

 

 

しかし、栄養士は給食を考えたり作ったりするのがメインの仕事なので、保育にがっつり関わることは、まずないです。

 

 

子どもの、いい部分だけに関われるのが保育園栄養士なんですね。

 

 

毎朝、出勤すると園児が遊んでいますし、特に0歳の子たちが集団でいると、この子たちは、天使なのか?天使がここにいるのか?と思うほど、本当にかわいいです。

 

 

顔を覚えてもらうと、目が合ってニコーッと笑ってくれたりするので、毎日癒されまくりです。

 

 

お昼ごはんは、私の職場では、厨房の栄養士や調理師も、子どもと一緒に食べます。

 

 

しかし、必ずしもすべての保育園で、栄養士も園児と一緒に食べられるというわけではありません。

 

 

子どもに積極的に関わりたい人は、子どもと一緒に食べる機会があるかどうか、就職前に聞いてみるといいですね。

 

3)どんな料理も作れるようになる

料理

栄養士のすごいところが、どんな料理でも作れるようになるところです。

 

 

え、ウソでしょ・・・?と思うかもしれませんが、本当に料理の腕がめちゃめちゃ上がります。私も、レシピを見ずにたいていの料理は作れる自信があります。

 

 

知り合いに、妹が栄養士をやっているという人がいますが、言えばなんでも作ってくれるみたいです。

 

 

「チーズダッカルビ作って」と栄養士の妹さんにお願いしたら、「えー、作ったことないけど感覚でやってみる」と言って、調味料を適当に組み合わせて、あっという間に作ってしまったそうなんですね。

 

 

想像した通りの料理を、自由自在に作る能力が、働きながら身につくのも、栄養士の力ですね。実生活にめちゃくちゃ役立つ能力です。

 

 

普段、栄養士をやっていると、どんな料理も作れるのは当たり前かもしれません。しかし、レシピを見ずに、どんな料理も作れてしまうというのは、栄養士の特殊能力です。

 

 

生活にもかなり役立ちますし、あなたが結婚適齢期の女性なら、将来の結婚相手にアピールできるポイントになると思いますよ!

 

「料理教室に通わずして、料理が上手になる」

 

 

やはりこれが保育園栄養士の、大きな魅力。

 

料理教室に通わずして、というよりも、もはや毎日の仕事が料理教室のようなものですね。実務で体に覚えこませていく感覚です。

 

 

ある程度、料理に興味があって、料理が苦にならない人なら、保育園栄養士の仕事は楽しめると思います。現に私がそうですから。

 

4)離乳食が作れるようになる

【離乳食・幼児食の資格の種類】一覧で比較!どれがいいの?おすすめは?

保育園栄養士って、0歳の子の離乳食メニューを考えたり、実際に作ったりするんですよ。

 

 

離乳食のメニューを考えて作れるスキルがあれば、自分の子どもが生まれたときも、まず食事には困らないでしょう。

 

 

給料をもらいながら、離乳食を作る練習ができます。

本当に人生に役立つことを勉強させてもらっているなあと、働きながらつくづく思います。

 

5)保育園栄養士は毎日定時に帰れる

時間

私の職場は、保育園に8時半に出勤して、毎日夕方の5時15分には終わるんですよ。残業もまったくないです。

本当に働きやすいです。

 

 

周りのOLの友人は、夜の20時や21時まで働いていて、毎日疲れ切って帰っていると聞きます。

 

ところが、保育園栄養士は、毎日必ず18時には家に帰れるんです。

仕事終わりの時間もゆっくりと過ごせて、ストレスがほとんどなくなりました。

 

まとめ

いかがでしたか?

保育園栄養士のメリットを5つまとめました。

 

保育園栄養士のメリットまとめ

1)毎日のランチが栄養満点

2)子どもがかわいい

3)どんな料理も作れるようになる

4)離乳食が作れるようになる

5)毎日定時に帰れる

 

あなたがもし、病院や老人福祉施設で、不規則な勤務時間や残業に悩まされているのだとしたら、保育園栄養士への転職はかなりおすすめです。

 

 

転職って、する前は「自分なんて・・・」とか、「今の職場よりも悪くなったらどうしよう」とか、いろいろな不安があって怖いですよね。

 

 

でも、いざ踏み切ってしまうと意外にストレスのない、今よりもすごくいい環境の職場が見つかるものですよ。

 

この記事で、保育園栄養士に転職する方法をまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

>>保育園栄養士に転職してみた感想【定時で帰れてホワイト】

ABOUT ME
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ