栄養士の仕事

保育園栄養士のデメリット3つ【現役で実際に働いてみた感想】

料理
栄養士
栄養士
今、栄養士の学校に通っているんだけど、将来は保育園栄養士になりたいんだよね。

学校ではいい話しか聞けないし…デメリットってあるのかな?

 

私自身、栄養士学校の学生時代に「保育園栄養士って、ぶっちゃけどんな感じなんだろう?マイナスな情報も知りたい」と考えつつ、就活をしていました。

 

  • 保育園栄養士に転職したいんだけど、どんなデメリットがあるか事前に知りたい
  • 保育園栄養士に、新卒で就職するのって実際どうなの?
  • 保育園栄養士なろうか迷っている

 

そんな人に、この記事は役に立つ内容になっています。

 

 

私は保育園栄養士として働きましたが、メリットもたくさんあります。

 

ただ、メリットもたくさんある反面、当然デメリットもあります。

 

 

どんなデメリットでしょうか。実際に、保育園栄養士として働いている私が、お答えしていきますね。

1)給料が安い

お金

栄養士全般でそうなのですが、とにかく恐ろしいほど給料が安い!もう、それはそれは悲しくなるほどに薄給です。

 

ただ、受けているストレスも少ないので、それを考えると納得な気もするのですが。

 

 

実家ならまだしも、一人暮らしだと相当キツい生活になります。

 

 

私の手取り給料は15万円ですが、ほかの栄養士の友人は「手取りが13万円で、会社から家賃補助もなくて一人暮らし」という状況の人もいます。

 

 

友人は、「ほぼ家賃で給料が消える」と悩ましげに語っていました。この先不安なので、栄養士を辞めて一般企業のOLに転職しようと思っているそうです。

 

 

栄養士で手取り給料が20万円を超える職場があったら、ほとんど奇跡に近いです。

 

 

私も、今は区の家賃補助制度があるので、一人暮らしでも家賃はほぼ全額出て助かっていまが、この制度がなくなったら…と考えると恐ろしいです。

 

 

たぶん、栄養士だと薄給すぎて暮らしていけないので、結婚して共働きになるか、または給料が普通にもらえるレベルの仕事に転職するつもりでいます。

 

 

保育園栄養士って、仕事自体はいいんですけどね…。激務の栄養士業界では珍しく、定時で帰れますし。

 

 

デメリットは「給料が安すぎること」ですね。

2)制服がダサい

保育園栄養士の制服って、どうしてこうもダサいんでしょうか。本当にダサいです。

 

まあ、保育園栄養士に限らず、学校とか老人ホームとかでも同じですね。

 

 

シェフみたいな服装だとかっこいいんですが、白い帽子に白い給食着を着て、見た目がリアルに「給食のおばさん」なんですよね。

 

 

別の保育園で栄養士として働く友人も「なんであんなに制服がダサいの?なんとかならないの?」とずっと言ってます。

 

 

しかも、マスクまでしているから、メイクをする意味がないんですよ。おしゃれとは無縁の生活になりますね。職場も女性ばかりですし。

 

 

うちの職場も、ほとんどみんなノーメイクです。毎日メイクもせずに過ごしていると、女であることを忘れそうです(汗)。

 

 

ただ、コスメや服を買わなくなったので、お金は節約できますね。服一着買うと、1万円近くしたりするじゃないですか。

 

 

でも、栄養士だと調理用の制服があるので、仕事用のスーツや服は一切買わなくても済むようになりました。

 

 

それにしても、普段の制服がダサすぎるのでテンションが下がります。でも、衛生面を考えると仕方がないのかもしれませんね。

3)調理員とほぼ同じ仕事内容

料理が好き、もしくは苦にならない人なら、保育園栄養士は向いていると思うんですよ。

 

 

でも、「私は栄養士だから、献立作成や食育活動だけがやりたい。調理現場には入りたくない」という人は、保育園栄養士はあまり向かないかもしれません。

 

 

保育園栄養士にもいろいろありますが、栄養士学校の友人や先輩の話を聞いていても、たいてい調理業務があります。

 

 

ちなみに、栄養相談などはやはり病院や企業でないとできませんから、それを望むのであれば、

 

  • 病院に管理栄養士として就職する
  • 企業で特定保健指導

 

などの仕事を選んだ方が良さそうです。

 

いずれにしても、栄養相談系の仕事は、管理栄養士の資格が求められるところが多いです。

 

 

栄養士の知識をいかした仕事をしたければ、栄養士としてみっちり下積みをして、管理栄養士になる道を選んだ方がいいと思います。

 

 

ただ、管理栄養士になったところで、給料は変わらず低いです。知り合いの話を聞いていても思いますが、他の業界に比べて、栄養士業界の給料ってやっぱり低いんですよね。

 

 

であれば、もういっそのこと栄養士という資格は置いておいて、若いうちに異業種への転職も考えてみるのもありだ思いますよ。

まとめ

保育園栄養士に限らず、栄養士業界共通のデメリットは「給料が安い」ところです。

 

もし、あなたが給料が安いことで悩んでいるのだとしたら、

 

  • 栄養士を続けて役職をつけ、給料アップをねらう
  • 栄養士の本業にプラスして、土日などあいた時間で副業をする

 

これがいいと思います。

 

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ