【薬膳マイスター薬膳アドバイザー違い】お得な方はどっち?

薬膳マイスター薬膳アドバイザー違い
薬膳マイスター資格を取りたいけど、調べたら「薬膳アドバイザー」っていう似た資格があるのよね。何が違うの?

そこで、今回は薬膳マイスターと薬膳アドバイザー資格の違いを調べてまとめました。

この記事を読むとわかること

「薬膳マイスター」と「薬膳アドバイザー」資格講座の違い
・料金やサポート期間、教材内容などそれぞれの資格の特徴
結局どっちがお得なの?

講座を申し込む前に違いをしっかり知って、損しないようにしたい!という方は、ぜひ最後までチェックしてください。

薬膳マイスターを詳しくみる↓↓↓

がくぶんの薬膳マイスター資格講座
読みたいところから読める「目次」

薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違いは何?

まずは、「薬膳マイスター」と「薬膳アドバイザー」の資格の認定団体や料金を比較しました。

薬膳マイスター薬膳アドバイザー
がくぶん東京カルチャーセンター
和漢薬膳食医学会日本中医養学会
受講費用
38,700円
受講費用
39,800円
追加費用
9,240円(認定証)
追加費用
3,500円(認定証)
合計
47,940円
合計
43,300円
通信教育通信教育
学習期間の目安
4ヶ月
学習期間の目安
4ヶ月
サポート
10ヶ月
サポート
4ヶ月
試験なし
(課題を提出)
試験なし
(課題を提出)
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

薬膳マイスターとは?

薬膳マイスター講座は、がくぶんが運営している資格講座です。

項目内容
資格講座薬膳マイスター
資格認定和漢薬膳食医学会
受講資格特になし
試験会場自宅(在宅受験)
試験科目4回の添削課題
受講費用38,700円
認定証9,240円
学習期間4ヶ月
受講期限10ヶ月
合格基準課題を提出すること
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報はがくぶん公式ページでご確認ください。

がくぶんの薬膳マイスター資格講座は、課題提出で資格取得できるのがポイント。資格試験はなく、在宅で学習から受験までできます。

通信教育で手軽に資格取得したい方におすすめです。

薬膳アドバイザーとは?

薬膳アドバイザー講座は、「東京カルチャーセンター」が運営している講座です。

項目内容
資格講座薬膳アドバイザー
資格認定日本中医養学会
申込先東京カルチャーセンター
受講資格特になし
試験課題提出で資格取得
受講費用39,800円
認定証3,500円
学習期間4ヶ月
受講期限4ヶ月
合格基準課題の提出完了
合格率非公開
※試験概要は変更になる場合があります。最新情報は公式ページでご確認ください。

薬膳アドバイザーは、薬膳マイスターと違いはなく資格試験がありません。定められた回数、課題を提出することで資格を取ることができます。

認定証は希望者のみ3,500円で発行可能。発行したくなければ、無理に申し込む必要はありません。

料金の違い【薬膳マイスターと薬膳アドバイザー】

料金は、薬膳マイスターよりも薬膳アドバイザーの方が安いです。

薬膳マイスター薬膳アドバイザー
受講料金
38,700円
受講料金
39,800円
追加費用
認定証9,240円
追加費用
認定証3,500円
合計47,940円合計43,300円
※資格の詳細は変更される可能性があります。最新情報の確認をお願いします。

薬膳マイスターは、受講料金の38,700円のほかに、希望者のみ発行できる認定証費用9,240円がかかります。

薬膳アドバイザーも薬膳マイスターと違いはなく、認定証は希望者のみ。追加費用として認定証費用3,500円が必要です。

すべて合計した料金で薬膳マイスターと薬膳アドバイザーの違いを比べると、薬膳マイスターの方が安いです。

しかし、認定証を発行しない場合の料金で比べると、薬膳マイスターの方が安いです。

教材の違い【薬膳マイスターと薬膳アドバイザー】

薬膳マイスターの教材

  • テキスト4冊
  • DVD2つ
  • サブテキストの薬膳レシピ集
  • 学習のためのガイドブック
  • 全5回分の指導課題集
  • 質問用紙
  • 薬膳カレー

薬膳マイスター資格講座は、指導課題集が全部で5回と充実。講座がリニューアルし、オンラインでも学習可能になりました。

薬膳レシピや薬膳カレーなど、レシピ関係の教材が充実しています。

薬膳アドバイザーの教材

  • テキスト3冊
  • 薬膳・中医学用語辞典
  • 薬膳シンプルレシピ
  • 全4回分の添削課題
  • DVD

薬膳アドバイザー資格講座は、テキストは3冊、DVDは1つ、添削課題は4回で、薬膳マイスター資格講座よりもそれぞれ教材が一つずつ少ないものが多いです。

教材ボリュームや添削指導を受けられる回数で比べると、薬膳アドバイザーよりも薬膳マイスターの方が充実していることがわかりました。

受講期間とサポート期間・サポート内容の違い【薬膳マイスターと薬膳アドバイザー】

スクロールできます
薬膳マイスター薬膳アドバイザー
学習期間
4ヶ月
学習期間
4ヶ月
受講期限
10ヶ月
受講期限
4ヶ月
質問は回数無制限質問は回数無制限
※資格の詳細は変更される可能性があるため、最新情報をご確認下さい。

薬膳マイスター資格講座は、平均の受講期間は4ヶ月ですが、サポート期間は当初の4ヶ月から6ヶ月無料で延長でき、トータル10ヶ月。仕事や育児など別の用事で勉強ができない期間があっても安心です。

薬膳マイスターと薬膳アドバイザー、結局どっちがおすすめ?

違いをふまえて、どっちがいい?
結局、薬膳マイスターと薬膳アドバイザーはどっちがおすすめ?
「薬膳マイスター」の方が以下の点からおすすめです。
  • Webでテキストを見たり、動画を見られるなどスマホでも学習できる
  • 教材内容や添削課題の指導回数が多い
  • サポート期間が10ヶ月と長いので、ゆっくり勉強できる

「いきなり受講をするのが不安…」という方は、まずは無料の資料請求で講座内容をチェックしてみてください!

薬膳マイスターを詳しくみる↓↓↓

がくぶんの薬膳マイスター資格講座

▼▼今だけ!割引クーポンがもらえる▼▼

キャリカレの期間限定割引キャンペーン
参考になったらシェアしてね!

スポンサーリンク

読みたいところから読める「目次」