栄養素

ビタミンCとは【保育園栄養士がわかりやすく解説】

ビタミンCとは?【保育園栄養士がわかりやすく解説】

この用語のポイント

 

ビタミンCとは

◆ビタミンCは、美容のビタミンだよ

◆そして、風邪とも戦ってくれるビタミンだよ

◆ビタミンCとりかたに工夫が必要だよ

 

簡単に書くよ

 

ビタミンCは、シミやそばかすを防いだり、

コラーゲンの材料になったりします。

 

 

ビタミンCが多い食べ物は、

ブロッコリーやピーマン、キウイやイチゴ、柿などです。

 

詳しく書くよ

ビタミン界のアイドル「ビタミンC

 

ビタミンCは、とってもよく知られたビタミンですね。

知らない人はいないと思います。

 

 

 

さわやかなイメージがあって、人気があり

「ビタミン界のアイドル」といえるかもしれません。

 

 

 

そんなビタミンCは、

美容のビタミンとして有名です。

 

 

 

なぜならビタミンCは、

シミやそばかすを防いだり、

コラーゲンの材料になったりするからです。

 

 

 

コラーゲンの役割は、

体の細胞と細胞をつなぎ合わせること。

 

 

ひとつの細胞が、一個のレンガだとします。

 

 

レンガただを積んでいっただけでは、

崩れてしまいますよね。

 

 

 

崩れないようにするには、

どうしたら良いと思いますか?

 

 

そう、レンガをくっつける「のり」が必要ですよね。

 

 

 

このレンガとレンガの間を埋めている石膏(のり・接着剤)が、

「コラーゲン」です。

 

 

 

細胞同士がしっかりくっつくと、

肌が強く健康になり、つや、ハリのある肌になるのです。

 

レンガの丈夫な壁ができるイメージですね。

 

 

 

病気と闘う「ビタミンC

また、病気の原因が体の中に入り込まないようにしたり、

病気と戦ったりするのも、

ビタミンCの働きのひとつです。

 

 

「風邪にはビタミンC」と言われるのは、このためです。

 

 

さらに、貧血、ストレス、生活習慣病、がんにも

効果があると言われています。

 

 

ビタミンCを代表する食べ物といえばレモン。

だから、ビタミンC入りの飲み物やお菓子には、

黄色くて甘酸っぱい香りのするものが多いですよね。

 

 

たとえば、レモンのサイダーとか、

レモンケーキとか・・・

しかし!なんとビタミンCは無色透明で、

香りもないんです。

 

 

 

確かに、レモンなどの柑橘類には、

ビタミンCがたくさん含まれていますが、

 

 

意外にも

ブロッコリーやピーマン、キウイやイチゴ、柿の方が、

たくさんのビタミンCを含んでいるんですよ。

 

 

ビタミンCはとりかたに工夫が必要

ビタミンCは、空気や熱、

長い時間水にさらされることで、

その量が減ってしまいます。

 

 

朝、畑で収穫されたばかりの

ほうれん草に含まれるビタミンCの量を100%とすると、

私たちの手元に届く頃の量は、50%くらいです。

 

 

 

なぜなら、お店に並ぶまでの間

空気や光などによって、

少しずつビタミンCの量が

減ってしまうからです。

 

 

 

ビタミンCは水に溶け出ていってしまうので、

料理でも少なくなります。

茹でられ、水にさらされて、

晩ごはんの食卓に上る頃には、

ビタミンCの量は20%くらいに減ってしまっているのです。

 

 

 

一番良いのは、

なるべく新鮮なものをすぐに食べることです。

 

 

 

保存するときは、

乾燥しないよう濡れた新聞紙で包み、

密閉袋に入れて冷蔵庫の野菜室へ。

 

 

 

ほうれん草だけではなく、

どの野菜も寝かさずに、

なるべく育てられたときの状態に近づけ、

根の部分を下にして立てた状態で保存しましょう。

 

 

 

私の実家でも、よく野菜室に、

野菜を立てて保存していました。

 

 

 

ビタミンCは光にも弱いので、

丸ごとのカボチャやジャガイモなどは、

冷蔵庫ではなく暗く風通しの良い場所で

保存するようにしましょう。

 

 

一言でまとめるよ

 

ビタミンCとは、

 

ビタミンCは、美容に関係するビタミン

ビタミンCは、光、空気、水に弱いから、調理や保存のしかたに工夫が必要

 

ってことを、覚えておいてください。

 

子供の栄養学や食事の勉強におすすめの資格・講座

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

 

  • 「子供につくる食事のことを、もっとちゃんと学びたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で子供の食に関する資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>子供の栄養学の勉強にぴったり!おすすめ資格ランキング【通信教育でとれる!】

ABOUT ME
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ