栄養素

たんぱく質とは【保育園栄養士がわかりやすく解説】

たんぱく質とは【保育園栄養士がわかりやすく解説】

この用語のポイント

たんぱく質は、こんなことをしてます。

髪の毛や爪をつくります。

筋肉をつくります。

体力を保ったり、病気から体を守ります。

 

簡単に書くよ

たんぱく質を取りすぎると

体の中で余った分は、

尿として捨てなければならないため、

尿を作る腎臓が、大変な思いをします。

 

 

たんぱく質が不足すると・・・

 

  • 髪の毛や爪が伸びません。
  • 筋肉が減ります。
  • 体力が落ちたり、病気から体を守れなくなります。
  • 風邪をひきやすくなります。

 

新米ママ
新米ママ
たんぱく質が足りないと、肌もボロボロになったりしますよね。。

 

詳しく書くよ

たんぱく質は、

私たちの人間の体のほとんどを作ってる栄養素です。

 

 

筋肉や血液、内臓、そして皮膚、髪の毛、爪など、

とにかくあらゆる部分の材料として、たんぱく質が使われています。

 

もう、体のほぼ全部作ってますよね。

 

 

 

身長が伸びたり、髪の毛や爪が伸びたり、

けがが自然に治ったりするのは、

たんぱく質がいつも私たちの体の細胞を

新しく作り変えてくれているからです。

 

 

 

そして、体を動かすエネルギーになったり、

病気から体を守るための

材料として使われたりしています。

 

 

 

これはあまり知られていませんが、

たんぱく質って心を落ち着かせる働きもあるんですよ。

 

 

 

私たちの体は細胞という、

顕微鏡でしか見えない

小さな粒が集まってできています。

 

 

 

その数はおよそ37兆個!!(60兆個って説もあるみたいですが)

 

 

 

初めはたった一粒の細胞だったもの、

それがどんどんわかれて増えて、

人間の体を作っています。

 

 

 

たんぱく質は、その細胞を作る材料なのです。

 

一言でまとめるよ

たんぱく質は

筋肉や血液、内臓、そして皮膚、髪の毛、爪など、

体のあらゆる部分をつくる材料になります。

 

子供の栄養学や食事の勉強におすすめの資格・講座

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

 

  • 「子供につくる食事のことを、もっとちゃんと学びたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で子供の食に関する資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>子供の栄養学の勉強にぴったり!おすすめ資格ランキング【通信教育でとれる!】

ABOUT ME
kaho
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ