栄養素

ホルモンとは?【保育園栄養士がわかりやすく解説】

ホルモンとは?

この用語のポイント

 

ホルモン。おいしいですよね。

 

しかし、もちろん!

今回説明するのは、人の代謝に関係する「ホルモン」の方です。

 

 

簡単に書くよ

 

ホルモンは、ある特定の器官で作られて

血液に乗って運ばれて

細胞に「何をすべきか」を命令するものです。

 

 

 

ギリシャ語で「刺激する」という意味の

「Hormone」が語源、らしいです。

詳しく書くよ

 

☑️男性らしさ・女性らしさに関わる「男性ホルモン」「女性ホルモン」

 

☑️子どもの体の成長にはたらく「成長ホルモン」

など、

 

 

「ホルモン」は、

 

環境や年齢に合わせて

からだのはたらきを調節します。

 

 

 

 

図のように、ホルモンはある特定の器官で作られます。

 

 

 

たとえば、食べた後に血糖値を下げるための「インスリン」というホルモンは、

「すい臓」(図のピンク色のところ)から出ます。

 

 

出たホルモンは、血液に乗って運ばれます。

 

 

 

そして、細胞に「何をすべきか」を伝えて回ります。

 

 

 

 

 

もし、あなたが危険な目に遭っているとき

「アドレナリン」というホルモンが出て

体を次の行動に備えさせます。

 

 

 

トラに出会ったとしましょう。

 

 

 

①うわっ、トラだ!!

危険な状況になると、

脳がすぐさま副腎(腎臓の上にある臓器)に信号を出します。

 

 

②戦う?

 

すぐに副腎は、

アドレナリンとノルアドレナリン

一気に送り出します。

 

 

アドレナリンとノルアドレナリンが体にはたらきかけて、

次の行動に移せるように準備させます。

 

 

それとも逃げるのか・・・

 

 

③いや、逃げろ!

 

逃げるときに大切なのは、

筋肉に与える燃料(酸素とブドウ糖)を増やすこと。

 

 

同時に、行動の邪魔になるような体内のプロセスを閉じていきます。

 

 

④ふうっ!

なんとかトラから逃げ切った頃には、

体にどっと疲れが出てきます。

 

 

そんなとき、コルチゾールが、

からだのはたらきをしずめ、

必要な手当ができるよう準備させます。

 

 

 

このホルモンにより、

使ったエネルギーを埋め合わせるため、

脂肪からエネルギーが取り出され、

さらには細胞を治すためアミノ酸が出されます。

 

 

 

今回はトラに出会ったときを例にお話しましたが、

ホルモンは血液で運ばれ、

細胞に「何をすべきか」を伝えて回るものです。

 

 

 

このホルモンの材料になるのが

たんぱく質なので

食事からしっかりとらないといけませんよね。

 

 

一言でまとめるよ

 

ホルモンは、ある特定の器官でつくられて

血液に乗って運ばれて

細胞に「何をすべきか」を命令するもの

 

です。

 

子供の栄養学や食事の勉強におすすめの資格・講座

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

 

  • 「子供につくる食事のことを、もっとちゃんと学びたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で子供の食に関する資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>子供の栄養学の勉強にぴったり!おすすめ資格ランキング【通信教育でとれる!】

ABOUT ME
kaho
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ