栄養素

コラーゲンとは【保育園栄養士がわかりやすく解説】

コラーゲンとは

この用語のポイント

コラーゲンとは。

◆コラーゲンは、細胞と細胞の間を埋める成分をつくって、細胞どうしをつないでいるものです

 

◆コラーゲンを食べるよりは、コラーゲンの材料になるものを食べたほうがいいです。

 

 

簡単に書くよ

 

コラーゲンは、

コラーゲンは、細胞と細胞の間を埋める成分を作ってるものです。

 

詳しく書くよ

コラーゲンといえば。。

肌のハリに関係するものとして、

美容の話題によく登場しますよね。

 

 

コラーゲンは、皮膚の下にある「真皮」にたくさん含まれていて、

肌の弾力を生み出しています。

 

 

 

老化してくると、

コラーゲンが作られる量が減りますが、

 

 

これがシワを増やす

原因のひとつになっています。

 

 

 

コラーゲンを含む化粧品もありますが、

皮膚にぬることで保湿できたとしても、

 

 

コラーゲン自体が皮膚の表面から

そのまま吸収されるわけじゃないんですよ。

 

 

人の体のたんぱく質の、約3割がコラーゲン

そもそもコラーゲンは「たんぱく質」の一種です。

 

 

 

人の体には、10万種類ものたんぱく質がある、

とも言われてますが、

 

 

コラーゲンはその中でいちばん多いんですよ。

 

 

なんと人体のたんぱく質のうち、約3割がコラーゲンです。

 

 

 

コラーゲンは、細胞と細胞の間を埋める成分をつくっているものです。

 

 

コラーゲン分子は糸のような構造をしていて、それがたくさん集まって「コラーゲン繊維(線維)」を作り、

 

さまざまな組織を支えています。

 

 

 

また、コラーゲンには、細胞が増えるのを助けるはたらきもあります。

 

コラーゲン全体の約40%は、皮膚にあります。

 

 

意外かもしれませんが、骨や軟骨にもコラーゲンは多く含まれていて、全体の約20%にのぼります。

 

 

残りは毛幹やけん、さまざまな臓器などにあります。

 

 

骨はコラーゲンにミネラル(リン酸カルシウム)が沈着してできています。

 

 

 

骨を鉄筋コンクリートにたとえると、

鉄筋がコラーゲンで、コンクリートがミネラルに相当します。

 

 

 

丈夫な骨を作るには、カルシウムも大切ですが、たんぱく質を摂ることも大切なのです。

 

 

 

実際、たんぱく質をあまりとらなかった高齢者は、

骨折する人が増えてしまったそうです。

 

 

 

コラーゲンを食べても、からだの中でバラバラになる

コラーゲンを食べると、そのコラーゲンはそのまま肌や骨、関節などのコラーゲンになるのでしょうか?

 

 

食物からとったコラーゲンが、コラーゲンのまま吸収され、体内で再利用されることはありません。

 

 

 

一般に、食べたたんぱく質は、

消化酵素でバラバラにされてから小腸で吸収され、

最終的に単体のアミノ酸の形で血中に入ります。

 

 

 

コラーゲンを食べても、からだの中で分解されてしまうので、

 

コラーゲンをそのまま食べるよりは、

材料になるたんぱく質やビタミンC

鉄をしっかりとるのがお得だと言えます。

 

 

なんか、変な健康食品とかで「コラーゲン入り!!」って書いてあるやつ、よくあるじゃないですか。

 

 

あれは、確かにコラーゲンは入ってるかもしれませんが、

 

それを飲んだからそこに入っているコラーゲンが全部とれるわけじゃないので、それは頭に入れておかれると、良いと思います。

 

一言でまとめるよ

 

コラーゲンを直接食べても体の中でバラバラに分解されてしまうので、

コラーゲンの材料(たんぱく質、ビタミンC、鉄)になるものを食べたほうがいいです。

 

子供の栄養学や食事の勉強におすすめの資格・講座

栄養学や食事のことをもっと詳しく学びたい方に、おすすめの講座を探してみました。

 

  • 「子供につくる食事のことを、もっとちゃんと学びたい!」
  • 「栄養学を学びたいけど、学校に通うのはむずかしい」
  • 「通信で子供の食に関する資格をとりたい」

 

一つでも当てはまるなと思った方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>子供の栄養学の勉強にぴったり!おすすめ資格ランキング【通信教育でとれる!】

 

ABOUT ME
kaho
このサイトを運営しているkahoです。 栄養士の学校を卒業し、栄養士の資格を取りました。その後保育園栄養士として就職、現場を経験。 離乳食や子ども向けの食事に関する専門知識をいかして、このブログを書いています。 趣味は、料理と食べ歩き、旅行です。
error: このコンテンツのコピーは禁止されています。
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ
おうち時間で食と栄養学を学びませんか?
詳細はコチラ